MENSAスペインに記事執筆
スペインのMENSAの会報に漫画に関する記事を執筆させて頂きました。
ご依頼頂いたテーマは「現代の日本のマンガ業界-今日の状況、その起源からどのように変化したか、その将来はどうなるか」。

漫画の考察は発売されたヒット作に対して外側から行われてきたと思います。
しかしそれは氷山の一角にすぎません。
発売以前の作品や漫画家がその何倍も存在します。
そしてそれは当事者である漫画家本人しか知らない世界です。
まだ世に知られていないその世界を伝える為に、私にしか書けない事を意識して記事を書きました。





分かりやすく解説する為に絵を載せました。
全部私が描いたものですが、こうして見ると別人が描いたみたいに作風が様々ですね。

海外向けに書く醍醐味は、(馬鹿を演じろ等の)圧力や中傷のリスクの少ない環境で表現の自由を満喫して書ける事です。
今まで数え切れないほど窒息しそうな思いをしてきましたが、私の率直な意見を求めて頂ける事は自分が作家である事とその誇りを噛み締めさせてくれます。

リストは同じ音楽家にしか書けない独創性の高いショパンの伝記を書きました。
私も漫画家のみぞ知る漫画についての話を自分らしく今後も発信していければと思います。


メンサに興味のある方は入会テストを受けてみてください、と言いたいところですがコロナで中止しているようです。
このご依頼もメンサの国際パーティーで知り合った事をきっかけに頂いたご縁です。
[2021/03/30 00:00] | 既刊紹介・掲載告知 | page top


ショパンが何者か、21世紀に発明された言葉でようやく説明可能になる
数年前に草食系男子という言葉が流行った時、サンドとショパンは時代を先取りした肉食女子×草食男子のカップルだったのではないかと言われたのを私は覚えています。

死後150年以上経っても人物像が謎に包まれたままのショパン。
ショパンは一言では言い表せない人物で、社交的なのに閉じこもり、紳士なのに女の子みたいと言われ、ギャップだらけで人物像をイメージしにくい人でした。
ショパンの存在があまりにも特殊で、これまで的確に表現する言葉が無かったのだと思います。

それが21世紀になって、ショパンの性格、言動、同時代人の反応を説明できる新語が次々と出てきています。

乙女男子やツンデレという言葉はショパンに当てはまります。

一昔前は女みたいな男というと、なよっとしているとかそっちの気があると見なされがちでしたが、乙女男子という言葉が発明されたおかげで、男だけど可愛いというのがどういうものかをイメージできるようになりました。

ショパンが手紙で同郷の友人に過激な事を書くのもツンデレという言葉が発明されたおかげで、暴言ではなく寂しくて荒ぶっているのだと理解できるようになりました。

腐男子という言葉が発明されたおかげで、リストがショパンについて語る時だけ腐男子化する謎現象を説明することが可能になりました。

おそらくこれらは20世紀以前には不可能だったでしょう。
19世紀前半の人であるショパンが21世紀に作られた言葉でようやく説明可能になるなんて誰が予想したでしょうか。

ショパンにまつわるジェンダーレスなエピソードの数々はかなり時代を先取りしているので、これからも新語の発明によって音楽家たちの本質を的確に表せるようになっていくと思うと楽しみです。
[2021/03/28 00:00] | 音楽家語り | page top


ショパンとリスト・友情の合鍵ペアブレスレット
リストがショパンの部屋の鍵を共有していたという実話を元にアクセサリーを作ってみました。
その名も「ショパンとリスト・友情の合鍵ペアブレスレット」。
名前と鍵のチャームがついたお揃いのブレスレットです。
合鍵を持っていた二人の友情が最高潮の時を偲んで。




アクセサリーをハンドメイドで作った事が無かったので素材を探して全部揃えるのに3週間かかりました。

まず土台となるブレスレットですが、チャームを付けるためチェーンの大きいものが必要で、金色と銀色の二色展開がある、という条件で探しました。

デザイン案ははじめショパンは花、リスト神父だから十字架という風に個別で考えましたが、二人お揃いにすることに。

アルファベットのチャームはイニシャルでよく使う文字しか売っていない店舗が多く、全文字揃えている店舗が少なかったです。

ブレスレットとチャームを何で繋ぐのか、はじめは付け替え易いようにカニカンを使うつもりで購入しましたが、結局丸カンだけで接続しました。

パーツを買い集める際に壁になったのが、少ししか買わないと送料の方が高くなってしまう事、複数の店舗が最低注文金額を設けている事でした。
それでもなんとか小額注文可能且つ格安送料の店舗を見つけて必要なパーツを全て揃える事ができました。



こちらが着用イメージです。
チャームの数が多いので思ったより華やかなブレスレットになりました。




細いチェーンブレスレットを重ね付けして二連にするのも良さそうです。

同様にシューマンとメンデルスゾーンの友情ペアアクセサリーも作れそうですね。
文字数が多いからかなり華やかになりそうです。


材料が揃ってから制作は1日で完成しました。
制作では道具を使ったものの、爪が2枚ボロボロになってしまいました。
絵に限らず、どんな創作も身を削る事無しには成し遂げられないと実感。

手芸屋さんに行く時はいつも布のコーナーばかり見ていたのですが今回アクセサリーコーナーを見て、色々自作できそうだと分かったので、また時間があれば作りたいなと思いました。


今回お世話になったパーツ屋さんです。

丸カンとカニカンを購入しました。
丸カン10個から購入でき、小額注文可能。



アルファベットを全文字揃えているお店。
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

アルファベット チャーム ゴールド  A〜N
価格:50円(税込、送料別) (2021/3/9時点)


[2021/03/08 00:00] | 服飾 | page top


| ホーム | 次のページ>>