実は凄いユリアン・フォンタナ
ショパンの愛しき使いっぱしりとして名を残している親友ユリアンは、ショパンとリストの曲をレパートリーにするピアニストで、6カ国語に堪能、作曲家、ピアノ教師、弁護士として活躍した実は結構凄い人物です。

ショパン曰く「むっつり屋」のユリアンとの日常。

このあと、スキンシップタイム☆

手紙で何度もユリアンのハゲをからかうショパン…。
パリを離れてノアンでサンドとラブラブでもユリアンの愛が恋しくて、「僕を愛して」とついでにちゃっかりお願いするショパンでした。

http://www.julianfontana.com/
ユリアンの紹介サイトを見ると、ユリアンはショパンの事大好きだったんだなというのが伝わってきます。
[2018/01/08 00:00] | 音楽家ラフ漫画 | page top
ショパンと愛犬マルキ
今年は戌年という事でショパンと愛犬マルキを描きました。
マルキは小犬のワルツのモデルになった犬で、当初は「リスト」と名付けられていました。
ショパンのリスト観の謎が深まるエピソードです。
犬種は判明していないそうなので、リストの髪型に似た垂れた耳の犬にしてみました。

[2018/01/02 00:00] | 音楽家CGイラスト | page top
厚着しなくても女性のようだ
可愛らしい、女性のようだと何度も言われながらも、それに無自覚なショパン。
ショパンは手紙の中で一度だけ自分が女性に見える事に納得しています。



1コマ目はベルリオーズ・サンド・レンツ・リストの実際のセリフです。
ショパンはユリアン宛の手紙で一度だけ、「暖かく体を包んでいるのでまるで若い婦人の様に見える」と書いています。

「ショパン手紙」241Pより
もし人前でそれを言ったら、「どんな格好でも可愛いよ!」とツッコミが入りそうだと思ってこの漫画を描きました。
皆はショパンの格好に関係無くショパンを女性のようだと言っているのに、厚着している時にそれをやっと実感したショパンの無邪気さに癒されます。
[2017/08/13 00:00] | 音楽家ラフ漫画 | page top
| ホーム | 次のページ>>