兎ショパンと狼リスト三段階
兎ショパンと狼リストのちびキャラをどれがしっくりくるか三段階で作ってみました。

ショパンがリストに「コンサートが怖い」と打ち明けるエピソードより。
このエピソードはリスト著ショパンでリストが明かしていて、その後他の伝記でもよく引用されています。
私はこのエピソードが大好きで今までもイラストにしたり僕ショパでも取り入れました。

このネタでリスショパもふもふLINEスタンプを作りたいなと思ったのですが、着ぐるみだと兎と狼らしさは出せても音楽歴史っぽさが無さ過ぎるかな?とか思いつつ、どの段階がしっくりくるか決まらずにいます。
[2015/02/25 00:00] | 音楽家CGイラスト | page top
2014年賀状
今年の年賀状、2種類作りました。
歴史上のオシャレ男子な芸術家、ショパンとレオナルドです。


ショパンは落ち着いた色、レオナルドは鮮やかな色を好んで着ていたと思います。
1500年前後の流行色とはいえ、男の人にピンクを着せて格好良く描くのは難しいですね。
お茶目で優雅で立派な風采のローズピンク男子を描ける様になりたいです(笑)。
そしてショパンを描くという事は、王子様・可愛らしい・愛くるしい・繊細・無邪気・天使で妖精等々を全て含めた人物を描くという事でこれまたハードル高いです(笑)。

雑誌を通して読者さんから今年の年賀状が届きました。
編集部を通してお便りやご感想を頂けるととても嬉しいです。
早くに転送して頂いたおかげでまだ1月ですので↑の年賀状でお返事お送りさせて頂きたいと思います♪
[2014/01/14 00:00] | 音楽家CGイラスト | page top
喀血のショパン
20131001-.jpg
命日UPに間に合いました…!喀血のショパンの絵を描きました。
クリックで倍サイズです。原寸は更に倍以上で描いてます。
前回の下絵がうつろな瞳だったのはこのテーマだったからです。
私の画力でショパンの美しさを表現するのは難しいと描く度に感じます。
肺結核で喀血し、苦しんで瞳孔が開き、涙ぐんで助けを求めるショパン。
ずっと描きたいテーマだったけど、描き始めてみると、血を描くのが可哀想で…血は最後の最後に描きました。
ショパンは洗面器一杯の血を喀血していたそうです…。

肌・シャツ・シーツ全部白で白っぽいけど白くない絵にしたくて、白の色んな塗り分けを考えながら塗りました。
肌が肌色にならない様に…ショパンはかなりの色白だったので真珠色の肌を模索しました。

ショパンの喀血シーンといえば…小説「葬送」に出てくるショパンが喀血してシーツを汚してしまうシーンがとても色気がありました。
作中に込められた芸術論も読み応えたっぷりです。
今月は連載×2、読み切り×1、書籍×2で忙しいものの、奇跡的に(?)空き時間があったのでその間にこの絵を描く事が出来ました。
[2013/10/17 00:00] | 音楽家CGイラスト | page top
| ホーム | 次のページ>>