ミケランジェロ

レオナルドに続きミケランジェロを描いてみました。
どちらも漫画絵的にしつつも特徴を出来るだけ取り入れてキャラデザしてみた。
レオナルドより23歳年下で、88歳まで生きました。
外見は…中背、やや細身だが彫刻で鍛えられた骨格と肉体、下唇が少し厚い薄い唇、黒髪、黄色や青にきらきら光る斑点のある角色の瞳…だそうです。
ミケランジェロと言えば鼻を殴られて潰された話が有名ですが、実際それほど潰れてはいなかったらしい。
元々鼻の付け根が凹んでいる日本人から見たら、肖像画等ではそんなに鼻が潰れている感じはしないかも。

性格は正直者過ぎて敵を増やしてピンチになる事がよくあったそうです。
ヘタクソや不正が許せず衝突する感じ。
嫉妬に狂った連中があらゆる手段でミケランジェロを妨害し、命まで狙われた事もあるとか。
ショパン等私が興味を持って調べた芸術家に共通するのは皆一匹狼タイプで、徒党を組むのは彼らを妨害する側であるというのが共通していて興味深い。
言うだけでやりもしない者が行動する者を傷つける、というのをシューマンが評論で訴えていましたが、それと同じ記述がこの時代にもありました。
現代も同じなので何百年も繰り返されている事なのだと思うと、彼らも乗り越えてきたんだと勇気づけられると同時に悲しくもありますね。
仕事に必要なのは愛と忍耐だ、とミケランジェロは言っています。とても共感するセリフです…。

レオナルドは肉体労働の彫刻より絵を描く方がいいと言っていましたが、ミケランジェロは自分は画家ではなく彫刻家だと主張していました。
絵の仕事は本業ではないと言って断りきれず渋々描いたりもするのですが、描いてみれば他の画家を圧倒する出来。
そして自分は石工や工房の職人とは違って芸術家だという強いプライドを持っていました。
先祖はプリオーレという行政職が多く、高貴な市民の一族としての誇りもありました。
今で言うと政治家一族の息子でしょうか。
でも身内には芸術に理解のある人が少なく、芸術家と石工の区別もつかなかったり、彫刻家になるのを酷く反対されたりなってからも理解されなかったり(この辺はレオナルドと似てます)。
ミケランジェロは自分が本当に美しいと思うものしか作りたくないので、権力者の肖像画なんて描かない(笑)。
権力者の大理石像を彫る時も、注文主に文句を言われようが顔を理想の顔にして芸術的価値を優先する。
理想的な仕事の仕方ですね…。
ルネサンス以前の中世では芸術家という概念が無く、奉仕人でした。
そこから徐々に芸術家になれる意志と実力を持つ人が出てきたのは凄い事です。

信心深く、食事と身なりは質素だったそうで、薔薇色の服を着て薔薇の香水を愛用していたオシャレ男子のレオナルドとは対照的。
キリスト教は多くの日本人には馴染みが無いけど、神は信じるが宗教は胡散臭いという風潮が当時あり(これはいつの時代もあるかもしれない)、宗教改革等が起こっていました。
ミケランジェロは純粋に神を信じて作品にしていて、それがキリスト教の人物で表されているわけですが、現代日本人が宗教に関係無く神を感じたり神に祈る感じに近い気がして、キリスト教をモチーフにした作品でも身近に感じる事が出来ました。

2人を並べてみた。

美術以外の特技は、レオナルド:楽器の弾き語り、ミケランジェロ:詩作。
筋肉マニアで筋肉隆々な創作をしてますが、やはり感受性は繊細。
好きなタイプは、レオナルド:しなやかな美少年、ミケランジェロ:マッチョな美青年、でしょうか(笑)。
理想の青年に出会った時「肉体美以外に私を喜ばせるものは無い」と言ってます。
で、肝心の2人の関係はというと…皮肉を言い合う微妙な関係…。
歴史の事等本で調べるのは結構大変ですが、やっぱり創作は描いてて楽しいです。


ちょっと堅い話になりますが、ショパン・レオナルド・ミケランジェロ等芸術家の書簡等でお金の記録が多い事から、お金の事ばかり気にしているという感じの解説をしばしば見かけますが、そうじゃないと思った理由を私なりに書いてみます。
ここでは創作を収入を得る手段にする者を除いて、創作自体を目的にする芸術家に絞った話を書きます。
音楽は言葉に出来ないとメンデルスゾーンが言ったりショパンが自分の曲にタイトルを付けなかったのを僕ショパでも書いた様に、芸術家は言葉にならない言いたい事を作品で表現するものです。
作品で思いを表現する芸術家が、あまり言いたくないのに記録しなければいけないもの、それがお金の話。
創作は命を削らなければ出来ない仕事であり、その対価を失うのを泣き寝入りするわけにはいかない。
それに、収入を得る為(生活の為)に創作しているわけではないのに、創作の収入だけで生きていける様になるのが一人前であるという矛盾、収入を増やして贅沢する為に創作しているわけではないのに、報酬の金額が自分の作品の価値を表すという矛盾、芸術家はこれらのお金に関する矛盾を抱えながら戦わなくてはいけないのです。
しかも毎月安定した収入を得られるわけでもなく、いつ仕事を失うかも分からない。
それゆえ、本当は創作の事だけ考えてたくて、お金の事なんて気にしたくなくても、人並み以上に神経質になってしまう。
…と私は創作の仕事をしてきた経験から芸術家達のお金の記録と解説を見てそう感じました。
[2013/09/27 00:00] | CG | page top
初音ミクのマジカルミライ
8/30に横浜アリーナで開催された初音ミクのマジカルミライの取材に行ってきました。
歌手のコンサートに行った事が無かったので、お客さんが立ち上がってペンライトを振る様子等とても新鮮でした。
リストの「芸術の共感の力で人が1つになる」が目の前に広がっていました。
ステージにミク達が等身大で浮かび上がり、上にバンドの生演奏、その上が巨大スクリーンです。
私が4コマを連載させて頂いてるゲームの収録曲もいくつかありました。
あっという間の2時間でした。
グッズのコーナーでは初音ミクV3のDTMソフトがmac対応で来月発売と知って気になってます。
2007年に今のパソになってからDTMが出来ないままなので、ずっと再開したくて、どのソフトがいいか迷っています。

記念にイラストを描きました。全体図はpixivtinamiで公開しています。
その日の格好を私のかわりにスタイル抜群のミクさんに着てもらった絵です。
幅広ベルト部が腰を守ってくれるお気に入りのスカートです。水玉模様も好き。
そう言えば、リンの身長体重の比率は私とあまり変わらないのですが、数値だけ近くても私は決してあんなスタイルではない…残酷な現実(笑)。
レンと無邪気なダンスを踊るリンを見てあんな風になりたいと思いました(笑)。

ミクの4コマ原稿を描いてて思うのが、モノトーン率がとても高いという事。
元々子供向けに作られたキャラではなくても今は子供にも人気のボカロですが、私の子供時代にボカロがあれば、ビジュアルに惹かれていたと思います。
私は女の子らしいものが苦手だったので、子供時代はハマれるアイテムやキャラがとても少なかったのです。
ボカロは私みたいなクールなものが好きな女児の心も捉えているのではと思いました。
[2013/09/01 00:00] | CG | page top
2013年年賀状

2013年の年賀状です。
pixivtinamiでご覧頂ければ幸いです。
今年は年内に、しかも描き下ろしの絵で準備出来ました。
キャラぱふぇで連載させて頂いてる初音ミクと、僕のショパンのショパンが音楽繋がりである事から、2人のコラボ絵にしました♪
私の好きな1880年代のバッスルドレスをミクに着てもらいました。
ガールズモード(着せ替え)とミク(アイドル)を同時に描かせて頂いてるので、それが混ざった発想になってしまうのか、ミクに好きな服を着せるというテーマの絵は前回に続き2回目です。
浄書ソフトが無い為、バックの楽譜はフォトショ上で線ツールで五線譜を描いたりブラシで音符を描いたりして自作しました。
これから弾いてみたいショパンのノクターンです。
[2013/01/20 00:00] | CG | page top
| ホーム | 次のページ>>