ロイヤルブルーのVネックワンピース
熱を出して寝込んでいました。
数年経っても体調が戻らないので無理するとガタがくるのは本当だと思います。
でも頑張り時に頑張って良かったと思います。

女子なら毎年買いそうなワンピース、私はほしいと思いつつも殆ど買った事がありませんでした。
完成して実際に着てみてワンピースの便利さを実感。
上下の組み合わせに悩まなくて良いし、全身で統一感が出やすいのが良いですね。
ロイヤルブルーやVネックのものって私は好きだけど市販では結構少ないので、自分で作ってみました。


上半身は360度どこから見ても内側に弧を描くラインを目指しました。
胸からウエスト、脇からウエスト、背中からウエストのラインが絶壁にならない様に。


背中は19世紀によく見られるパターンで制作しました。
真ん中のパーツがウエストにかけてぐっと細くなるこのパターン、デザイン的にもとても好きです。
スタイルを良く見せる視覚効果にも優れていると思います。
現代でも稀にこのパターンで作られている服を見るとときめきます。


前面はもっとえぐれたラインにしたかったのですが、私は肋骨がごついのでこれで精一杯でした。
これ以上の曲線を出すには胸に詰め物が必要…(笑)。


Vネックを裏から見た所です。
裏側には接着芯を貼っています。
仮縫い試着を繰り返しているうちにVネックが毛羽立ってしまい、Vが丸くなりました。
尖ったVネックにするなら、前身頃を左右に分けた方が良さそうです。


裏地は付けていません。
コンシールファスナーは初めてでしたが、説明通りにやってみたら隙間無く綺麗に縫えて感動でした。
ギャザーも初めてて、ギャザーを均等に寄せて縫うのははじめ緊張して難しかったです。
袖の肩の内側に何か詰めようか迷ったものの、そのままに。

ワンピースの完成までに1年かかってしまいました。
体のラインに沿ったものを作ろうとすると本当に大変ですね。
仮縫い→試着→縫い直しを何十回も繰り返しました。
数ミリの変更の為にその箇所全部縫い直しです。試着は体力も消耗します。
でも19世紀のオーダーメイド時代の様な厳密な曲線のラインを作る事が目的なので、そこは疎かにはしたくなくて時間がかかってしまいました。

仮縫い〜本縫いで大変だったのは、合い印がすぐ消えてしまい、測り直し書き直しでかなり時間がかかった事。
最後には仕付け糸で合い印を縫いました(これも大変)。
合い印で手間取るのは本当に無駄なので解決策を見出したいです。

着てみた画像です。





全円スカートなので凄く広がります。
自分のサイズに合わせて作ってみて、ここに合わすとそこがきつい、そこに合わすとここが緩い、といった市販の服でよくある違和感を無くせました。

完成してから3回くらい外に着て行きました。満腹食べても破れませんでした(笑)。
ちゃんと着られるものが作れて良かったです。
ワンピースをほかにも色々作りたいけれど、時間かかり過ぎで…もっとサクサク作れる様になりたいです。
恐らく自分のパターンが決まれば仮縫いでのミリ単位の調整の繰り返しもほぼ必要無くなるのでしょうが、そこに辿り着くまでまだかかりそうです。
[2016/11/07 00:00] | 服デザイン | page top
仮縫い終了
明けましておめでとうございます。
いつもサイトへのご訪問ありがとうございます。
今年もよろしくお願い致します。


丁度クリスマスに外出していた時、出先でチョコレートを頂いて嬉しかったです。


先月時間がある時に仮縫いを完成させました。
試着して→解いて→縫い直して→試着してを何回も繰り返して、仮縫い補正だけに2週間はかかった気がします。
だぼっとした服なら大して影響なくても、体に沿ったラインを作ろうとするとミリ単位の修正の連続になります。
胸からウエスト、背中からウエスト、脇からウエストのラインが絶壁みたいにならない様に、360度どこから見ても曲線になるラインを目標に仮縫いを進めてきました。
上下分かれるタイプの服は身頃の幅を調整する度にスカート丈が変わるのも大変な所です。
補正しているうちに、ウエスト切り替え位置が上の方が脚が長く見えるけど、ウエスト位置を下げた方がウエストラインを綺麗に表現出来る事が分かりました。
今回はウエストの切り替えをベルト幅程度のウエストのほんの少し下にして身頃でウエストラインの曲線を表現しました。
これから本縫いに入るので緊張です。

背中に19世紀のパターンを使っています。
19世紀の服は身頃の曲線が美しいですが、自分も使ってみて体の曲線を表現するのに適していると思いました。
それと切り替えの線の視覚効果で更にくびれて見えるのが好きです。
現代の市販の服でもあえて19世紀のパターンを使っている服をたまに見かけると嬉しくなってしまいます。
[2016/01/02 00:00] | 服デザイン | page top
ワンピース 型紙〜試作
制作し始めました。
ネットや市販で自分と同じサイズや作りたいデザインの型紙が無いので今回も手探り状態。
なんとなく型紙を作ってトルソーに着せてみたら上半身が滅茶苦茶でした。

ウエストラインがガタガタ、背中がボコボコ。
スカートのラインは良い感じ。紙だから布よりも広がってます。
全円スカートはやり方が決まっているので問題無しですが上半身は大幅な修正が必要。


新聞を折ったり出したりしながら上半身を修正してみました。
この画像だと分かりにくいですが、背中のパーツを2つずつから3つずつに増やしました。
1880〜90年頃のパターンです。
前身頃は真ん中で布を分けるか迷いつつ、1つのパーツでいけそうでした。
前身頃はダーツの入れ方が現代のパターンに近く、全体の形は19世紀のパターンに似せるとフィットしました。


袖を作りました。
袖が肩の内側から始まるデザインにしたいのでかなり巨大になりました。
更に上はパフスリーブで下も膨らんでいるので新聞1面くらいの大きさが必要でした。
袖の型紙作りだけで丸1日かかってしまいます。
テープで留めて着てみましたが体の半分しか無い為まだこれでいけるか確信は持てません。


上半身は曲線が多くパーツも多いので本番の布の前に練習用の布で試し縫いする事にしました。
母が何か作ろうとして買ったものの放置していた布が家にいくつもあるらしく、それを使いました。
着てみて少し調整が必要ですが大幅に布が足りなくなる事は無さそうですのでこの先は本番の布でしようと思います。
適当なファスナーを使っているのでファスナーがお尻に垂れてて妙な感じです(笑)。
背中のパターンが19世紀風だとクラシックな雰囲気になりますね。
1880年代はコルセットによるタイトレーシングが大流行した時代ですので、このパターンは背中〜ウエスト〜ヒップの美しい曲線を表現しやすいのかもしれません。
その上この切り替えのラインは目の錯覚でウエストの絞りを強調してくれます。
本番は青色の予定です。


布の量がどれくらい必要か、縫い代を足した状態でパズルみたいにパーツを並べながら計算しました。
スカートが膝上丈なのに巨大です。袖も大きいです。

19世紀のパターンはこちらの本を参考にしました。

Authentic Victorian Fashion Patterns



Patterns of Fashion 2 1860-1940


中はこんな感じ。

初めて見た時はさっぱり分からなかったけれど、服を作ってから見ると以前より図形を読む力が上がりました。
読める、読めるぞ!(ムスカ)状態にはまだほど遠いですが。
現代のパターンと比べると曲線の多さが際立っていると思います。
ほかにも欲しい19世紀のパターン本があり、円高待ちです。
[2015/08/11 00:00] | 服デザイン | page top
| ホーム | 次のページ>>