センター試験参考書「数学I・A」「数学II・B」
改訂第2版「センター試験 数学I・Aの点数が面白いほどとれる本」と「センター試験 数学II・Bの点数が面白いほどとれる本」が本日発売されました。


センター試験 数学I・Aの点数が面白いほどとれる本


センター試験 数学II・Bの点数が面白いほどとれる本

数学I・Aはマジシャンの女の子で、確率の問題をテーマにした手品が数学らしさを表しています。
数学II・Bはタイツと帽子の制服が特徴の女子高生で、ドミノは1つずつパースがついています。

これで私が担当するセンターシリーズは最後となります。
全20冊ものシリーズの表紙を全うさせて頂いて感無量です。
「仕事の最大の報酬は仕事」という言葉がありますが、この仕事はまさにご褒美と言えるくらいやりがいのある素晴らしい仕事でした。
仕事の絵は時間が無くて納得のいく絵が描けずに悔しい思いをする事も多いのですが、この仕事では素晴らしいスケジューリングのおかげで1作最大2週間かけて普段描けない様な挑戦をしながらじっくり集中して描く事が出来ましたし、かつて大学で教育学を専攻していた事もありこのテーマは自分らしい制作をしているという充実感で一杯でした。
量産よりじっくりタイプの私には、表紙シリーズの仕事は向いているかもしれないという実感を得る事も出来ました。
長期にわたるシリーズを最後まで無事担当させて頂いた喜びと共に、これでおしまいだという寂しさを感じています。

今までの表紙を発売順に並べてみました。

オリジナルキャラが16枚、レオナルド&ミケランジェロが3枚、夏目漱石が1枚です。
受験生の為の本という事で制服の絵が多いのですが、かぶらない様に、現代的・お嬢様系・ミッション系等、バリエーション豊かになる様に心掛けました。

このシリーズに携わらせて頂き、本当にありがとうございました。
多くの受験生や教育関係の方々にこのセンターシリーズを活用して頂ける事を願っております。
[2017/08/05 00:00] | 既刊紹介・掲載告知 | page top
センター試験参考書「現代文」

今月発売の「センター試験 国語[現代文]の点数が面白いほどとれる本」の表紙イラストを描かせて頂きました。
今回のキャラクターは夏目漱石です。

ラフでは芥川龍之介も出して、漱石が採用されました。
漱石の有名な写真からペンを持たせたりアレンジしてます。
猫の毛並みをブラシで1本1本描き込んでいます。
積み上げた本は漱石の初版のデザインを参考にし、筆記用具も当時のデザインを探して忠実に描きました。

拡大画像を載せてみました。
ぜひ実物を手に取ってじっくりご覧下さいませ。

このシリーズはおかげさまで売上No.1となり、部数を伸ばし続けています。
センター試験の準備をされる方々にこの本をお役立て頂けましたら幸いです。
[2017/07/20 00:00] | 既刊紹介・掲載告知 | page top
僕のショパンが特集された「月刊ショパン」が入手可能

ピアノ専門誌「月刊ショパン」2011年2月号に僕のショパンの巻頭特集を掲載して頂いて早数年、現在amazonでは新品の取り扱いが終了している様ですが、入手できる方法を見つけました。

Fujisan.co.jpというサイトから購入する事が出来ます。
http://www.fujisan.co.jp/product/1251/b/498376/

私は最近このサイトから注文したのですが、6年以上も前の雑誌を新品で入手できるなんて感動です。
こちらの号にはショパンとリストの日常を描いた描き下ろしのフルカラー漫画と、私と安達さんの対談インタビュー等が掲載されています。
当時見逃された方はぜひチェックしてみて下さい!

ちなみに2010年11月号にも「ショパンをめぐる男たち」のイラストを描かせて頂いているのでぜひご覧下さいませ。
http://www.fujisan.co.jp/product/1251/b/436203/
[2017/07/01 00:00] | 既刊紹介・掲載告知 | page top
| ホーム | 次のページ>>