ショパンとリストを繋ぐもの
「ショパン リスト」で最近ググったらこんな予測変換が!

まさかの「合鍵」が1番に!
10年前はこんな事はありませんでしたよ。驚きの変化です。
ショパンとリストの関係に注目が高まってきたのが嬉しいです。

これまでの音楽史ではショパンとリストの関係は軽視されがちでした。
その影響からか以前は、ショパンとリストに交流があったからと言って特別な友情なんて無い、と否定的な意見が結構あったのです。
ショパンが心を開いていたのはポーランド人だけだというのは確かに事実でしょう。
しかしショパンがピアニストの中でパリで最も親しくしていたのはリストであるのも見過ごせない事実なのです。
それを私はネットや漫画で述べてきました。

ショパンは時に、リストに合鍵を渡すほど心を開こうとしたり、紹介状係を頼むほどリストを信頼しています。
ところがリストがずっと変わらずショパンを敬愛し続けているのに対し、ショパンのリストに対する思いはまるで花占いの様に、スキ…キライ…スキ…キライ…と何かある度に揺らぎ続けているのも特徴で、それがこの2人の関係の興味深い所でもあります。
ショパンの心が揺らぐ原因はリストの行動にあるかと思いきや、実は無自覚でショパンが原因を作っていた事もある様なのです。
その辺のまだ一般的に分析されていない内容をまた掘り下げて語りたいですね。

ショパンは自分はリストとペアでもなければロマン派の一員でもないと思っていましたが、周りの人々はショパンとリストはお似合いのトップスター同士だという印象を持っていました。
中には2人に弟子入りしたレンツの様に「ショパンはリストの妻だ」と言い切っている人までいます。
更にショパンの父は異国で孤独に頑張る息子に相応しい友達はリストであるとみなし、ショパンに「リストと仲良くしなさい」という手紙をしきりに送っています。

くっつかず離れもせずとことん揺らぎ続ける2人の関係は魅力に溢れていると同時に、リストが「ショパンとの一番大事な思い出は書けない」と著書で書き残している様に、その友情の真相は永遠に謎だというのももどかしく神秘的です。


今日からダウントン・アビー6が始まりましたね。
ここ数年で最も楽しみにしているドラマです。
最終シリーズという事で終わってしまうのが寂しいです。
映像や当時の文化が興味深いだけでなく、キャラ作りとセリフ回しも秀逸です。
[2017/05/07 00:00] | 音楽家語り | page top
ショパンコンクール2015グッズ
起きて郵便物を確認したら君ショの長江先生からお届けものが。
ポーランドのショパンコンクールを観に行かれた長江先生から現地のショパングッズが届いたのです。
驚きと嬉しさで一杯です!
遠い日本からショパンコンクールの雰囲気を感じる事が出来ました。

パンフレットと絵葉書です。
左下の絵葉書はショパンの晩年に描かれた「Fryderyk Chopin in house dress」という絵で、見た瞬間、優雅で無防備な部屋着姿のショパンに心を奪われました。
何気ないのにちょっと乙女で上品なポーズも可愛いです。
こんなショパンを間近で見ていたサンドが「私の可愛いショパン」と言ってしまうのも納得です。
長江先生、本当に有り難うございました!

私からはポーランドのグッズでは無いのが恐縮なのですが、長江先生に自作の音楽家グッズをお送りしました。


音楽家グッズを購入して下さった方々も有り難うございます!
[2015/11/11 01:08] | 音楽家語り | page top
2015年第17回ショパンコンクール開幕
5年に一度の待ちに待ったショパンコンクールが始まりました。
ピアノコンクールには複数の作曲家の曲を弾くものもありますが、ショパンコンクールの課題曲は全部ショパンの曲です。
かつて音楽にはジャンルに大きな格差がありましたが、ショパンがピアノ音楽に人生を捧げて切り開いてきた事により、ピアノ音楽は一流ジャンルとして認められていきました。
ショパンコンクールはその様なショパンの功績が凝縮されて実感出来るものでもあると思います。
同じ曲でも出場者によって弾き方が違い、様々な表現を動画で見る事で曲の新たな魅力に気付けるのも醍醐味です。
自分で弾く事からも人の演奏を鑑賞する事からも発見を積み重ねて、ショパンが曲に込めた思いを少しでも多く感じ取りたいです。

コンクールは公式サイトで中継されます。
http://chopincompetition2015.com/

コンクールの公式youtubeでは演奏動画が配信されています。
http://youtube.com/chopin2015


実況のお供には僕のショパンLINEスタンプを♪
m.png
[2015/10/05 00:00] | 音楽家語り | page top
| ホーム | 次のページ>>