僕のショパン第6話「ドイツ組参上!」
僕のショパン6i30191006243912
6/1に僕のショパン6話配信して頂きました。
「ドイツ組参上!」シューマンとメンデルスゾーン初登場です。
シューマンの史実の変なセリフを集めて1つの話を作ったらシューマンのキャラが…(笑)。
本当はシューマンは無口な人なのでこれを全部モノローグにした方がリアルになると思うけど、余計あやしくなるかも?
シューマン1人だとボケ倒しになるのでツッコミ役のメンデルスゾーンも6話で一緒に登場にしました。
今回の話はサイトの4コマでまばらに描いたネタも多いですね。
あとシューマンは実際にはパリには来てませんが、漫画ではしばらくパリにいる事になります。
シューマンだけ筆談で漫画に登場だと不憫だし…でもパリに来てないのに来た事にされた方が不憫なのか…。
あれだけショパン好き好き言っておきながら会いには来ないで、実際はショパンの方がシューマンを訪ねているそうです。
今年ショパンとシューマンは同じ生誕200年なのにショパンの方が目立って不憫…でも当時もショパンにドン引かれてたりと、シューマンは不憫キャラが運命づけられてる…と言われてる様です。
それからショパンの妹エミリアを初めてペン入れして描きました。顔はショパンの絵に似せてみました。
↑の画像は結核の瀉血です…。当時は結核になると血を抜かれる…勿論間違った治療法です。


↑今回のはシューマンのセリフは実話です。以前にちらっと触れたネタ描いてみました。
シューマンが覚醒の言葉をかけてフロレスタンとオイゼビウスが動き出したそうです(全て脳内の出来事)。
シューマンと言えばクララのエピソードもいつかまとめて描きたいです。
[2010/06/30 00:00] | 僕のショパン紹介 | page top
ネタ等
・ショパン育成ゲーム
合宿中に話したショパン育成ゲームの設定を取扱説明書的に書いてみます。私以外の方の意見も含まれています。

目的…一人で生きていけないヘタレなショパンの世話をして一人前の音楽家にする。
得点…ショパンが作った曲の数。史実と同じだけ作ればコンプリートクリア。
プレイヤー…主にショパンの面倒を見た、ティトゥス・リスト・ヤン・ユリアン・サンド等の周辺人物。
プレイヤーのセリフや行動は基本的に史実と同じ選択をするのが正解。

ティトゥスの役割はショパンをポーランドから連れ出してウィーンに置いてけぼりにしてくる所まで。
ワルシャワ蜂起が起こってティトゥスがロシア軍と戦う為にポーランドに帰ろうとすると、ショパンは「僕も一緒に帰って戦う!」と言って来ます。
そこでティトゥスのセリフは勿論、「虚弱な君は戦っても役に立たない」を選択すると正解。
そして例の、僕達は銃で君は音楽で戦うんだ、というやり取りでショパンを説得してティトゥスはポーランド行きの馬車へ。
でも馬車が出た後、なんとショパンが泣きながら「一人にしないで!」とティトゥスを追いかけて来ます。
振り向いたらショパンに追いつかれてしまい、ショパンは革命も作曲せずパリにも行けず無名の音楽家で終わるのでバッドエンド。
私だったら引き返して抱きしめたくなる!…けどティトゥスは心を鬼にしてショパンを突き放してポーランドに帰らなければなりません。
でも泣きすがるショパンの可愛い画像orムービーが用意されてるので、このイベント前にセーブして可愛いショパンを見てからリセットするのもアリかも。

ショパンのごきげんバロメーターはキノコで表示。
キノコが変な色になっていたらショパンが悩んだり落ち込んだりしている印。
ショパンは自分の気持ちをあまり喋らないのでキノコを見て察して慰めたりしてあげましょう。
キノコが完全に腐ってしまったらショパンの心が折れてゲームオーバーです。
ショパンは自分を守ってくれそうな人に心を開いてついていくので、包容力で包んであげましょう。
ショパンが落ち込んでいる時、ティトゥスがキスしてあげるとショパンは元気になります。
リストがキスしてあげるとショパンは余計に心を閉ざしてしまうので注意!

リストの目的はショパンとパリで一番のピアノの友達になり、臆病なショパンをコンサートに引っ張り出す事。
ティトゥスと離れ離れになってロシア軍に負けた悲劇をこめて作られた革命を含むエチュードOp.10。それにリストが興味を持ちます。
リストはショパンのエチュードOp.10を初見で弾けると(ミニゲームかなんかで)、それを献呈してもらえてショパンと友達になれます。
その場で弾けなかった場合、数週間の失踪期間が用意されるので、その間に完全に弾ける様に訓練すれば、献呈&友達になれます。
友達になるとショパンの部屋に遊びに行ける様に。そこでもっと仲を深める事が出来ると、ショパンは合鍵をくれます。
合鍵をもらってから史実と同じ様にショパンの部屋でムラムラするかどうかはプレイヤー次第です(笑)。

ショパンに大金を持たせると飢え死にフラグ。
お金を手にするとあっという間に使い果たすので、必要最低限だけ持たせて、予定を見ながら金銭管理してあげなくてはなりません。
オペラのチケットや服や花代の浪費なら、勉強の為や貴族のサロンに行ったり客を迎える為とも言えますが、街角で売られている猥本を買い漁ったりしてしまいます(ショパンは風刺が大好き)。

医者のヤンは虚弱なショパンの体調管理をして音楽家としての活動をサポートします。
夜更かししたりオシャレな服しか着たがらなかったり食欲が無かったりするショパンを、寝かせたり着替えさせたり食べさせたりしてあげましょう。
ショパンはヤンを信頼しきっているので、色んな診察や実験も出来ます。
例…しんどそうなショパンの熱を測ってあげよう、と体温計を取り出すヤン。どこで測ろう?
1.脇
2.口
…それ以外の選択肢はここでは自重(笑)。

ユリアンはひたすらショパンにパシられます。
楽譜の清書や買い出し、出版社や銀行との取引まで上手くこなさねばなりません。楽譜にシワをつけただけでショパンは怒ってしまいます。
パシリに耐えきれなくて史実みたいにアメリカに逃亡しなければおいしいイベントが発生するかも!?
ショパンは落ち込んでる時、ユリアンには「僕を愛して」と言って甘えてくるので、色んな方法で愛してあげましょう。

サンドはほぼ一日病人として過ごすショパンの介護をしてあげます。
ショパンが喀血しそうになったら銀の洗面器で血を受け止めます。
画像…血まみれのシーツの上でぐったりする耽美なショパン。
サンドの場合は史実と違って別れずに最後までショパンの面倒を見てあげると、ショパンは史実より多く作曲し、ボーナスステージが出現!

…こんなゲームが出たら買うのに!と妄想してたら楽しくてしょうがない(笑)。↑の内容はほぼ史実の筈。


・ショパン攻略ゲーム
…もあったらいいななんて。で、あっさりですが4コマ描いてみた。
201006302.gif

おまけ。
201006303.gif


・マクパペット

マクパペットで音楽家を作ってみました。とりあえず6人。
メンデルスゾーン・シューマン・ショパン・リスト・ワーグナー・ベルリオーズのつもりです。
パーツを選ぶの、面白いけど難しいですね。
メンデルスゾーンには指揮棒らしきものを持たせてみました。
フランス=華美、ドイツ=質素らしいのでシューマンは素朴な感じにしました。
ショパンは貴族っぽく(貴族じゃないけど)。
リストは神父服っぽく。風刺画で必ず描かれる、貴族から授与された豪華なサーベル付きで。
実際は持ち歩いて無いだろうけど、武器+神父って漫画のキャラみたい。おいし過ぎます。
武器は貰ったものの「リストが殺したのはピアノだけ」と当時言われてました…カッコ良過ぎる!
ワーグナーはペットのとして飼ってた犬か鳥が良かったのですがクマしか無かった。
ベルリオーズは女装事件で使う筈だった銃を持たせてみました。


・おいしいショぱん
20090405.jpg
ショパンの問題発言「僕は食べられそうに見えるので人々が味わってみようとする毒キノコの様だ」からまたネタを。
ここでパンが焼けます。前描いた画像に手を加えました。
このパンを買いに走る人々…リスト・シューマン・サンド・ベルリオーズ。
そしてリストはマリーに、シューマンはクララに、白い目で見られるのでした…。
当時ショパンやリストのキャラクターグッズは色々あったみたいですね。お菓子や小物等。見てみたいな。


・音楽家達の共同生活
20090324.png
建築平面図ジェネレータを4人の名前でやってみたら超ウケた(笑)。
以下↑から作った小話。
メンデルスゾーンが作るフィギュアはシューマンからの依頼。
ダヴィッド同盟員(シューマンの脳内同盟…クララやショパンも含まれる)全員のフィギュアを作ってくれという親友シューマンのオタクなお願いにドン引きしながらも、引き受けた仕事は恐るべき集中力で完璧に仕上げる器用なメンデルスゾーン。
シューマンは出来上がったフィギュアに大喜び。本人に会えない時はフィギュアを愛でる。
リストの美貌につられてストーカーの様にぞろぞろついて来た人々はとりあえずリストの牢屋に入れられる。
その中からシューマンに気に入られて意気投合した人物がシューマンと実験室に…。
寂しがり屋のショパンは一人で眠れないのでリストと一緒。
鑑賞室にはいつも見世物小屋の様に好奇の目が集まる…ショパンは皆に視姦される運命からは逃れられないのであった…。
「好奇以外に何物も現していない大衆の顔を見ると、神経が麻痺する。あの顔に壓倒され、彼等の息で窒息してしまう。」
…最後の行のは実際にショパンがリストに言ったセリフです。これに妙に当てはまってる気がした(笑)。
[2010/06/30 00:00] | 音楽家ネタ等 | page top
| ホーム |