聖書とショパン
西洋の歴史と思想を理解したくて聖書の解説本を読んでみました。
神に選ばれたのに調子に乗って堕落したり、弱虫が目覚めて勇者になったりとどんでん返しが多かったり、人の常を描いているので、聖書はキリスト教徒でなくてもストーリーとして楽しめるかもと思いました。
殺してはならないのに聖絶する等の腑に落ちない内容もいくつかありましたが、この矛盾は創作にもよく使われてるなと感じました。
科学と聖書の一致が面白かったです。
人の寿命が120歳に定められた事や、神が生物を創った順番が実際の生物の進化と似てるそうです。
シューマンのダヴィッド同盟やペリシテ人との戦いの元ネタらしきお話もありました。

リストが著書「ショパン」でショパンは敬虔なカトリックだと書いているのですが、聖書の中の良い行いとショパンの振る舞いがいくつも一致していました。
謙虚に譲る者は譲ったよりも多くを得るとか、金・名誉・地位・異性の為で無く使命の為に音楽をする所等。
宗教と道徳は違うそうですが、私は道徳的に正しい印象を受けました。
今ではショパンは世界中で最も支持される音楽家の1人ですが、生前は無冠の王みたいな状態だったので、理解されなくても清く生きるショパンをリストはイエス等聖書の人物に重ねて見ていたのかな?そこまでは考え過ぎかな?と思いました。
どちらにしてもショパンと聖書を愛して想いを馳せるリストが素敵です。

「褒められたくて自分の善行を人に見せるのは偽善であり、謙虚で隠れた善行は人に褒められはしないが神が報酬をくれる」、「迫害を恐れず信じた事を貫く」等も印象深かったです。
聖書の中の迫害はまさに公開処刑…これはキリスト教徒で無くても起こると思います。
表現者なら自分のした事に対するバッシング。
表現に対してどう受け取るかは人それぞれ自由です。
自分の想像以上の反響を頂いて感激する事もあるし、良くない意見は今後の向上に繋がるものもあれば、そんなつもりで書いてないのに曲がった解釈をされたり、こちらの方が正しい事を書いているのに間違った情報を持った人に批判されたりと、無力感に襲われる事も珍しく無いと思います。
私の僕ショパの場合だと、音楽や歴史を専門的に学ばれてる方々に支持して頂いた事が救いでした。
聖書の中の人達の迫害とそれに清く立ち向かう様子は、何か目的を持つ人の励みにもなると思いました。
[2012/07/26 00:00] | 音楽家語り | page top
東京で打ち合わせ
東京に打ち合わせに行って来ました。
1ヶ月に2回も東京に行くなんて中々無いです。
お借りしている3DSを持って行ったのですが、行きしの新幹線で開いてみたら…すれ違っていた!
すれ違い初めてです。私の近くに2人、3DSを持っている人がいたみたいです。

駅で編集さんと待ち合わせして、ちょっと時間があったのでスタバへ。
たまたま頼んだパッションティーが凄く美味しくて、帰宅してからネットで売ってないか検索してしまいました。
そしてお仕事させて頂く会社へ向かいました。
元々興味のある分野だった事もプラスして、凄いなぁと感動しながらとてもときめく体験をさせて頂きました。

その後丸ビルに行く事になり、東京にも丸ビルがあるんだと驚いたら、丸井ビルの略でビルは丸く無いと知って二重の驚きでした(笑)。
大阪の丸ビルはビルが丸いから丸ビルなのです。
そしてインド料理を食べました。初めての味なお品が色々あって美味しかったです。
緑・赤・茶色のカレー、スパイスの効いた鶏肉、本格的なナン等、今まで食べた事の無かったお料理を堪能させて頂きました。
初めてお会いした編集さんが、僕のショパンを読んで下さってたと知り、とても嬉しかったです。
ほかにも嬉しい事を聞かせて頂いて、過去に描かせて頂いた作品やこれから取り組む作品に対して、改めて有り難く感じた1日でした。
[2012/07/25 00:00] | その他雑記 | page top
偶然と必然
法事に行ってきました。今月2回目です。
創作者には生死を彷徨う危険がつきまとう、家族はその生命が心配でたまらない状態に置かれる。
これはジャンル関係無いと感じました。苦しみを抜けたそうで、ホッとしました。
同時に私の事も凄く心配してくれて、多分大丈夫だと伝える事が出来ました。
一緒に生活して見ている人にしかかけられない言葉をかけてもらったと思います。
他人で無いなら決して軽く考えたりしない。
生死を彷徨う苦しみが、価値ある試練なのか、身を滅ぼすだけのものか、判断して行動するのは本人も周りの人も難しいものです。
集まった時にそういう話をしたので、お寺でお経を聞いてる間に涙が一筋こぼれましたが、誰にも気付かれまいと自然乾燥を待って過ごしました。

帰りには受験時代にお世話になった画塾の先生に地元の駅で偶然お会いしました。
大分昔なのに私の事を覚えて下さってて嬉しかったです。
私は高3の1学期になってもまだ進路に迷ってました。大学か専門か、大学なら美術・音楽・歴史…。
そんな時、その画塾から1枚の案内葉書が届いたのです。
うちに高3の、しかも絵に興味のある受験生がいるなんて誰も知る筈無いのに不思議でした。
勉強の為の塾のDMならしょっちゅう来ましたが、画塾の案内は初めてだったのです。
なんか縁みたいなものを感じて見学というか体験に行きました。
普通は「美術科に進学したいから来ました」と言う所を私の場合「案内葉書が来たから来てみました」状態。
画塾の先生もポカーンでした。
私は入学する事にしましたが、高3の夏から美術科を目指すなんて遅すぎると言われました。
高1から始めても早いとは言えないらしいです。
美術科受験が画塾に通うべきものだなんて知らなかった私…(稀にあえて通わない人もいる様です)。
でもおかげ様で進路も決まり、合格出来ました。
母校の大学でなければ漫画家にもなっていなかったかもしれない。
漫研に上手い部員さんが沢山いて、部誌の為に漫画を短期間で仕上げるのが始めて出来る様になったし(1ヶ月間3時間睡眠とかのギリギリの状態でやっとですが)、部誌の読者が地元や附属の子供達で子供を意識した制作を体験出来ました。
あの時の1枚の葉書から全てが始まったと思うと、あれは天使か悪魔かと思うくらい本当に不思議です。

ショパンが曲にタイトルを殆ど付けず、絶対音楽を創作した事で、世界で受け入れられやすくなったのかもと思います。
タイトルが何調というだけの曲、昔はそれだけじゃ分かりにくいと思っていましたが、調それぞれ全く音色が違うからそれだけでちゃんとタイトルになっているんだと思える様になりました。
黒鍵の多い調をハ長調に変換して弾くと全然違う感じになって凄く興醒めですもんね…。
29話で描いたメンデルスゾーンのセリフ「楽想が歌そのもの」や、ショパンの「演奏家はデッサンするだけで作品を完成させるのは聴衆」もそれをよく表してると思います。
それにもしショパンの曲が、キリスト教・神話・西洋文学から創られていたら、ヨーロッパ以外の人には取っ付きにくい。
(描こうとして調べて宗教の意味でぶつかる事がとても多いです…。)
ショパンの曲は音楽だけ聴いて好きかどうか判断出来る。ハマった人はその音楽を深く研究出来る。
まず曲が素晴らしいからこそですが、間口の広さと奥深さに改めて驚かされます。
音楽以外でも理想の作品像ですよね。
ショパンは未来に遺る音楽を目指していたから宗教や文化を超えて愛される曲を目指したのかもしれないけど、日本人にも聴いてもらいたくて計算して絶対音楽を創ったわけでは無いと思うし(生前にはそこまで広まっていない)、色んな偶然が重なってそうなったんだと思います。
ワルシャワ蜂起の失敗を知って神様は救ってくれないと宗教から離れたショパン、天才にはそういう偶然が必然として起こるんだなと…。
そのエピソードを描いた11話が今ニコニコ静画で配信中だと思いますのでぜひ♪
うちのパソでは見られないのですが今多分11話の筈です。

オーダーメイドのお店からお中元を頂いてびっくりです。有り難うございます。
作って頂いた服を東京に着て行った写真を葉書にプリントしてお返事させて頂きたいと思いました。
[2012/07/22 00:00] | 音楽家語り | page top
コルセット
移転前のサイトに載せた雑記に加筆しました。

19世紀が好き過ぎて、19世紀創業のイギリスのコルセットメーカーの本格コルセットを連載が終わった頃に買ってみた。
今の時代も愛用者が多いそうで、日本でも手に入るんですね。
見るだけでなく使えるリアル19世紀アイテム、テンション上がります♪

リボン付きの箱で届いてびっくり。

着用ビフォーアフター。昔の絵の中の人みたいなラインになってる!
画像では分かりにくいですが平たい体型が筒型になり、肋骨のボコボコが無くなって綺麗なラインになりました。

後ろ。執事に引っ張ってもらわなくても一人で着用出来ます(笑)。
着物の帯を締めている感覚に近いかも。体は曲げにくいのでお行儀良くなりそう。
しかし、コルセットを着用すると細くなるのかと思いきや、これ以上無理って所まで締めてメジャーで測ってもヌードサイズとあまり変わらない…。
コルセット自体が分厚いので、中身の私の体は大分締まっているとは思いますが…やはり執事が必要なのか(笑)。
締まりやすい体と締まりにくい体があるそうで、体型や肉質によるそうです。
あとは続けていると締まってくるそうです。
でも見た目のラインが大分変わるのが素敵です。
アウターとしても着られるデザインのものを買ったので機会があれば外に着て行きたいと思います。

外すとこんな感じです。
世界中で同じ服を着ている現代と違い、鎖国時代の日本と西洋の文化は異質なものだと思っていたけど、実は共通点が多いのではと思いました。
コルセットと帯の締め上げ感は似てるし、盛り髪、床を引きずるロングドレス、豪華だけど着るのが大変な所等とても似てます。
情報を共有してなくても文化が同じ様な変遷をたどっているのが面白いなと思いました。

睡眠中に度々着用してますが、日本は蒸し暑いから夏はコルセットから遠ざかる…。
こちらが最近撮った写真です。
20120721.jpg
分かりにくいですが、後ろの開きが少し狭くなりました。
下の方は殆ど隙間がありません。上側は6〜7cm間があいております。
5cmくらい間があくくらいで着るのが綺麗らしいので、あと少し!

コルセットを選ぶ時サイズに悩みました。
自分のサイズより-10cmを選ぶ、ぴったり-10cmが無くて迷った場合は小さめを選ぶ、と書いてあるサイトさんが多かったので18インチにしてみたのですが、実は初めて着用した時は背中の当て布が足りないくらい締まらなくて、20か22インチにしておけば良かったかも!?と内心真っ青になりましたが、背中のあきが7cm以内になった今、漸くこのサイズを買って良かったと思える様になりました。
隙間が完全に無くなるフルクローズを目標にしているわけではありませんが、この7cmを克服するのは難しいだろうなと思います。
大きな進展があったら(!?)またこのページに書き足そうと思います。
[2012/07/21 00:00] | その他雑記 | page top
短期連載
今発売中のキャラぱふぇ7-8月号から「とびだすプリクラ キラデコ★レボリューション」の短期連載を描かせて頂いてます。
3DSのプリクラソフトの漫画で、原稿はもう最終話まで上がっています。
私がこのソフトで一番ハマったのはメイク機能。つけまつげでかなり別人になれます。
アイラインが濃いと怖いかもとつけまつげに挑戦してみたかったのですが、このソフトがいい練習になって、先日の漫画賞に初めてつけまつげをして行く事が出来ました。この年で初つけまつげです(笑)。
初心者なのでどれを買えば良いか難しかったのですが、毛先が細くなっていて自然っぽいの、下まつげは短いものを近所のお店で選びました。これです。

D.U.P ( ディーアップ ) 910 舞川あいく コラボ つけまつげ deux シリーズ/ピュアeyes(2ぺア)D.U.P ( ディーアップ ) 910 舞川あいく コラボ つけまつげ deux シリーズ/ピュアeyes(2ぺア)
()
D.U.P(ディーアップ)

商品詳細を見る


ドーリーウィンク アイラッシュ 14 ナチュラルキュートドーリーウィンク アイラッシュ 14 ナチュラルキュート
()
ドーリーウィンク

商品詳細を見る

すっぴんより化粧して人に会う方が緊張しますが、褒めてもらえたりもして嬉しかったです。
キャラぱふぇに描かせて頂いてもう5年になります。とても有り難いです。


話変わって、露出度高いもの全般が苦手+夏が苦手=出掛けられる夏服が殆ど無い状態だったので、夏用のトップスを買うべく検索してたら自分にぴったりのサイズのシャツを見つけて「これだ!」と買いました。
Vivienne Westwood Anglomaniaのマンデーシャツです。独特の襟の開きや裾に憧れてました。
20120719.jpg
吊るした状態でも立体になってます。着ると体のラインにぴったりフィットして感動。
腕脚が太くて胴体が貧弱な私は、例えばチビTを着ると胃がプカプカ浮いて冷える&腕がうっ血しそうになるので、胃の周りはぴったりして上半分がゆったり目の服を着たいのですが中々無いのです…。
オーダーメイドでも思ったのですが、デザインの大事さと同じくらい体型に合った服を着る事が大事だなと実感。
何着か着てみてヴィヴィアンのウエストシェイプはとても着心地が良くて、デザインもクラシカルで素敵だしこれからも着ていきたいと思いました。
ほかにもウエストを絞ったデザインやジャストウエストのスカートを多く出してる所があれば着てみたいなと思います。
このシャツは黒だし今月二度目の法事に着て行こうかと思ったのですが、デザインが華やかなので別の機会に着ようと思います。
[2012/07/19 00:00] | その他雑記 | page top
追記
漫画賞の出席が3年振りだったので久々に作家さん達にお会い出来てとても嬉しかったです。
私はじゅんじゅんと前担当さんが同じで、とても良くして頂いたのでご挨拶したかったんだけどお会い出来なかったのが残念だったね、と話しました。
元担当さんがショパンの漫画を見て下さってて、望む形で描けた事を喜んで下さったのが凄く嬉しかったです。
数年前からショパン描きたいと思っていてその話をした時話は弾んだのですが、かなり違ったものにしないと実現は無理そうという結論でした。
本当にショパンが好きだったから自分の手でショパンを傷つけてしまう事はしたくないと諦めかけた所に、他社の編集さんから声をかけて頂けて実現出来ました。

それから新編集長さんと初めてお話しさせて頂く機会を頂いてフレンドリーに話して下さっただけでも感動だったのですが、恋愛以外の漫画があってもいいというお話を聞いて救われた思いがしました。
私は小中学生の頃恋愛漫画にハマった事が殆ど無かったのですが、漫画家になってから何でも恋愛で解決する様に言われて非常に戸惑い悩みました。
何かメインで頑張る事があって恋愛で癒されたり恋愛より大事なものの為に恋愛を犠牲にする描写は自然なのだけど、恋愛が人生の最大の悩みで恋愛だけ頑張るというのが私には不自然で、それ以前の人としての問題等が気になってしょうがなくなる…描くなら多分そこから掘り下げなければ自分で納得出来ないのかもしれない。
僕ショパでは恋愛に癒されたり悩んだりしつつも主人公の目標(僕ショパの場合は理想や使命)がメインで自然に描けたのですが、この作品での恋愛脳ヒロインは最終話のジェーンで、主役級でなければこんな風になら描けるかもしれないと思いながら描いてました。
その日のお話を聞いて、実現が難しい事でもいつか描きたいという思いは持ち続けていたいなと思いました。

夜は同期3人で色々漫画の話をして、一人では確信を持ちにくい事を語り合ったりして、正解なんて無いかもだけどおかしい事をおかしいと感じてもらえたり、心強く励みになりました。
自分の作品として世に出るのだから、色んなものに挑戦するのも自分自身を見極めるのも同じくらい大事だとお互い納得。
読んで下さった方に喜んで頂ける作品を目指すのにも一番大事な事だと思う。
濃い話や出会いの後はいつも以上に考え込む人になります…一週間以上経った今もぐつぐつ。
デビューして数年の間に身に起こった生死を彷徨った経験は今でも納得は出来ないけど、その経験が無ければ僕のショパン(その先の目的も)は生まれなかった…私が漫画に関わる事は言葉が難しいけど当たり前の日常とかでは無いと感じます。
当日お会いした方々、充実した時を過ごさせて頂き有り難うございました。
[2012/07/12 00:00] | その他雑記 | page top
お祝い絵簡易スクショメイキング
前回の更新に続き遠山えま先生受賞お祝いサプライズ企画その2、デイジー先生ととぐさ先生の呼びかけによるなかよし作家さん達のイラストメッセージ企画に参加させて頂きました。
数十名もの参加者さんが集まったそうで、当日イラストを収めたアルバムの最後のデコ作業を私も手伝わせて頂きました。
イラストをじっくり描きたいと思い、あえて自分にとって難しい構図に挑戦しました。
スクショを撮って簡易メイキングにして載せたいと思います。

201207111.jpg
下絵。ファンアートを描く時は絵柄に悩みますが、似せ方はあまり考えずに描く事にしました。
色々違ってたらすみません…。

201207112.jpg
時間をかけられそうだったのでペン入れはデジタルで。

201207113.jpg
線画完成。

201207114.jpg
レイヤー分け。

201207115.jpg
肌着色。

201207116.jpg
髪影その1。

201207117.jpg
髪影その2。乗算にしました。

201207118.jpg
髪光。

201207119.jpg
目・眼鏡・肌艶。

2012071110.jpg
服影。

2012071111.jpg
服の柄や光。スカートのチェックが難しかった。
自分で描く事でえまっちの作画の凄さを体感。

2012071112.jpg
携帯。

2012071113.jpg
床。下絵を表示して床の格子を遠近法で変形。
色にとても迷う。コミクスの背景が巻によって色とりどりなのでカラフルにしてみた。

2012071114.jpg
机と椅子の木。元の色の茶色だけにならない様に。

2012071115.jpg
机と椅子の金属。本物の机や椅子よりキラキラめ。

2012071116.jpg
手前の壁。

2012071117.jpg
窓。

2012071118.jpg
画面全体と顔等目立たせたい所に光。人物と背景の間にも数ピクセルの光ぼかし。髪の線。
布に透け感・顔から離れるにつれ空気遠近法もどきの色を被せる。

2012071119.jpg
線画の色変え。

2012071120.jpg
更に光ブラシでフィルタの光の様な効果に。
光の粒を移動でぼかして動きをつけたり。
工程に関わらず全体を見ながら色や線の調整もちょこちょこしてます。
私のサインは筆ペンで書いたものをスキャンして貼り付け。毛筆ブラシでは書けなかったので…。
お渡ししたバージョンには画面左右にお祝いメッセージを書いて完成!
私は手書きの字が可愛く無いので活字で打ち込む事が多いです^^;。
素敵な企画に参加させて頂きまして有り難うございます!
そして改めてえまっちおめでとうございます!
[2012/07/11 00:00] | メイキング | page top
おめでとうございます!
帝国ホテルで行われた講談社漫画賞の授賞式に行ってきました。
3年ぶりの出席ですが、今回は何が何でもお祝いに駆けつけたかったのです。
遠山えま先生が受賞されたのです!本当におめでとうございます!
同期デビューで漫画の事沢山話したり、仲良くさせて頂いてた方が受賞されて感動でした。
式では白のドレスに身を包んだえまっちの素晴らしいスピーチ、二次会では受賞作の主人公雪菜に扮した制服姿と雪菜みたいに茶色がかった柔らかいロングのポニテがとても可愛かったです。
二次会の会場は天井の高い綺麗なカフェで、式のスクリーンで流れていた受賞者インタビュー映像もじっくり堪能出来ました。

私と明日賀じゅん先生の同期でえまっちにお祝いしたい!と密かにアイデアを出しあって準備しておりました。
仕事に使って頂けたらいいな、と思って選ばせて頂いたグッズと、オリジナルの記念品を作りたいなと思い、クオカードを業者さんに頼んで制作しました。
イラレの入稿云々…とツイートしてましたが、これの事だったのです。
CMYK・イラレ・データ入稿と初めて尽くしでドキドキでしたが、無事に想像以上に綺麗に印刷して頂いて完成しました。
私が描いた絵はこれです。

自キャラがえまっちのキャラを抱っこしてお祝い、がテーマです。


バックや文字をデザインして、イラレでQUOマークを入れて完成♪


2人でラッピング道具を持ち寄ってこんな感じでお渡ししました。
普段外出先で写真を撮る習慣の無い私ですが、この日はカメラは持って行ったのだけどバッテリー切れを起こしたりもあってあまり撮れなかった^^;。

3人揃うの数年ぶりで、夜はホテルで久々にまったり語り合いました。
えまっちはどんなに成果を上げてもデビュー時と変わらず謙虚で、速筆で沢山描いている様に見えるけど見えない所で凄く時間をかけて努力している、漫画に対して真摯な作家さんです。
独自の作風を持つじゅんじゅんも、2人と話していると楽しいし見習いたいと思う所が沢山あります。
特に…ちゃんと寝ているという事…(笑)。
原稿が落ち着いたここ3ヶ月くらいは私も大分人間らしい生活を送れる様に心掛けてきたのですが、2人と話してもっと改善したいと心底思った。
その日のノルマが時間通りに描き終わらなくて、どんどんずれ込んでいくのです。
普通の生活をしながら原稿が描ける様になる目標、いつ達成出来るだろうか…。
翌日は新宿でブランチして解散。充実した時間を過ごさせて頂きました。
えまっち本当におめでとう&有り難う!
なかよし作家さんのサプライズ企画にも参加させて頂いたので、次はその絵について書きたいと思います。
[2012/07/04 00:00] | CG | page top
ヴィクトリアンスーツ
オーダーメイドのお店でスーツを作って頂きました。
前回は紳士なフロックコートでしたが、今回は婦人服のヴィクトリアドレスを現代風に。
街着として着られる大人スーツとしての19世紀テイストの服は市販では中々無く、自分でデザインしたいと思いました。
ネットで調べたり、当時のファッションカタログのイラスト集や写真集等の洋書を取り寄せ、リスト様の写真集に映っている女性の服を色々参考にして、私の好きな服は1880年代のものだと判明。
この時代の服は現代人から見たらかなりドレッシーですが、お姫さまドレスでは無く活動する為のスーツで、バッスルスカートも細身の時期です。
1870〜1890の中では細身と言ってもまだまだごついので、現代風にアレンジしました。

当時のイラストはドレスすぎてあまり現実味が無いので、現代デザイナーの服からもイメージに近いものを探し出して、自分で描いたデザイン画と共に資料としてお渡ししました。


生地はやや光沢と伸縮性のあるイタリアウール、レース、ベルベットにしました。
スカートは普段から履ける様に、下半分とオーバースカートが取り外し可です。
19世紀のドレスらしくプリーツを沢山取り入れてるので、生地の量が2着分必要でした。
仮縫いでは袖の付け根を盛り上げてもらったり、スタンドカラーを首に沿う様に調整してもらいました。
当時のジャケットはコルセットにぴったり沿うラインで作られていると思うのですが、普通のジャケットでそのラインを再現するのは難しいので、細身にしてもらいつつデザインでも色々工夫しました。


ジャケットは燕尾服がモチーフです。見易くする為に明るくしてますが黒です。
襟と袖はレースの上からベルベットで縁取ってます。リストの写真集に載ってる女性の服を参考にしました。


バックの背中の三角のレースは当時よく見られるデザインです。
19世紀の服はバックスタイルも気合入ってますね。三角でウエスト絞り効果も。


袖とバックのベルベットのリボンが二重なのも、当時のデザインを参考にしました。
ジャケットのバックの裾はプリーツになっていて、オーバースカートの上に乗っかって持ち上がり、ヒップアップ効果&お尻を強調する当時のバッスルスタイルに似せるシルエットになる様にしました。


スカート前。横線ばかりにならない様に、プリーツを斜めに入れました。
現代ではプリーツは下向きに折るそうですが、当時の写真やイラストと同じく上向きに折って頂いてます。


スカート後ろ。お尻が上がって見える様なプリーツの入れ方にしました。
プリーツをお尻の上に持ち上げるデザインはバッスルスタイルのお約束ですね。
お店にあったレースの生地のスカラップを活かして、二段レースにしました。


先程のスカートの下に履く、ロングスカート用のパーツです。
縫子さんのアイデアでパニエの裾にレースのスカラップを付けて頂きました。


オーバースカート。19世紀っぽいアイテムです。他のスカート等にも合わせられそうです。



スカラップと白い生地で取り外し可能な付け襟と付け袖も作って頂きました。
ジャケットにスナップがついてるので、他の素材でも付け襟等作れそうです。

モデルが私で無ければもっと沢山写真載せられるのですが…。




↑ロンスカとオーバースカートを外したら普通のスーツとしても着られそうです♪
黒のスーツ、便利だし必要だから探しても、ちょっと凝ったデザインのものは中々無かったので、オーダーメイドで世界に1つのスーツを作って頂けて嬉しかったです。

7/3の講談社漫画賞、同期で仲良くさせてもらってる遠山えま先生が受賞されました!
おめでとうございます!
3年ぶりに出席するのですが、このスーツを早速着る機会が♪
夏なのでスカートだけ…トップスはヴィヴィアンにする予定です。
↑下から2番目の画像の中に少し見えてるレースのです。
いつもはカメラは持って行かないのだけど、今回は持って行こう♪
[2012/07/03 00:00] | 服デザイン | page top
| ホーム |