comicスピカNo.11リレーエッセイ掲載

comicスピカ No.11comicスピカ No.11
(2012/08/28)
共著

商品詳細を見る

8/28発売のcomicスピカNo.11にリレーエッセイを描かせて頂きました。
漫画家さん同士でバトンを回す企画で、山田デイジー先生から回して頂き、私は遠山えま先生にバトンタッチしました。
バトンを回して下さって&受け取って下さって有り難うございます。
そしてこの企画に描かせて頂けてとても楽しかったです。

テーマは「原稿が終わったらアレしたい!」で、私はオーダーメイドのお店でオリジナルの服を作ってもらった話とそれまでのストイックな原稿生活の経緯を、ショパンとサンドを登場させつつ描きました。
この経験が無かったら殆ど書ける事が無かったかも知れない…。
というのも私は漫画家になってからずっと娯楽費0円生活を送ってきたので、例えば新入社員が初めてのお給料で初めて自分の為に何か買うという経験、私の場合この服の件がほぼ初めての自分の為の買い物に当たるからです。
それから私の作風について編集さんが書いて下さったプロフィールがとても嬉しかったです。
1Pに書き過ぎ!?ってくらい私のこれまでの漫画家生活の情報を詰め込みましたのでぜひご覧下されば幸いです♪
[2012/08/29 00:00] | 既刊紹介・掲載告知 | page top
着るのに勇気がいる音楽家名言Tシャツ
ショパンの名言ストラップを見つけて、音楽家名言グッズを考えてみました。
着るのに勇気がいる音楽家名言Tシャツ。

リスト「そんなTシャツ着て独りで出歩いたら襲われてしまう、離れるなよ」
ショパン「…大丈夫だよ」
ショパンは当時の平均身長より高かったから皆から見上げられてたけど、リストよりは10cmくらい低いから、リストはショパンの可愛い表情を独占出来そう(笑)。

名言を小さくしたら着やすくなるかもしれない、と即席で作ってみました。
ショパンの名言を真面目なものに変更。

肖像画見ながら横顔描いてて思った…ショパンは鼻が骨ばってる以外は、おでこのラインが丸くて顎も小さ目で女性らしいラインだと。
リストに女性的と言われたり、ショパンも自分で自分の事女性に見えると言ったりしてただけの事はあるなと思いました。
リストはどのパーツも超立派ですね。
[2012/08/22 00:00] | 音楽家ネタ等 | page top
コンサート
8/5に僕のショパンのドラマCDで演奏して下さった安達朋博さんのコンサートを聴きにいずみホールに行ってきました。
いずみホールはクラシック音楽専用ホールでとても素敵な所で、凄く久々に行きました。
鍵盤と手の動きが見える席に座りました。
バッハで厳粛に始まり、シューマンの謝肉祭ではショパンが「これは音楽では無い」と言ってリストが弾いたエピソードを思い出しながら聴いていました。
謝肉祭は短い曲が次々と出て来て大きな1つのまとまりになっていて、発表された当時はリストの演奏をもってしても聴衆に理解されにくかったそうですが、徐々に人気を獲得していった曲で、今聴いても1つ1つの曲がいきなり不思議な終わり方をしたりと新鮮な驚きを感じる曲だと思いました。
4コマや僕ショパでもネタにして描きましたが、クララのテーマやショパンのテーマが出て来ます。
ショパンよりもクララの曲の方が重く、9歳年下のロリータという感じの曲ではありません。
ショパンの曲は優しく優雅で少し悲しげかな。
聴きながらシューマンのショパンとクララに対するイメージを想像していました。
コンサートの後半は2つのソナタで大曲が続きました。
日本初演のクロアチアの作曲家ペヤチェヴィッチのソナタ、メロディーもリズムもキャッチーで、初めて聴いても親しみやすい曲だと思いました。
そう思わせてくれた演奏の魅力が素晴らしかったです。
スクリャービンのソナタも生で聴くのが初めてでこちらもとても聴きごたえがありました。
アンコールは2曲も弾いて下さって、ツイッターでも書きましたが、演奏途中で拍手が起こりました。
コンサート開始から徐々に高まってきたホールの熱狂がラストに向かって最高潮になるのを体感しました。

配布されたパンフレットも読み応えがあり、安達さんの芸術家として生きていく決心に心打たれました。
僕ショパのドラマCDも載せて下さっていて嬉しかったです。
コンサート後にはCD購入者にサイン会があり、安達さんのCDと僕ショパドラマCDが販売されてました。
私はまだ持っていなかったリストのCDを購入して列に並んでサインして頂きました。

お宝です♪安達さん、デビュ−5周年おめでとうございます!
[2012/08/14 00:00] | その他雑記 | page top
音楽家Mii
新しい3DSで音楽家Miiを作ってみました。
好きなキャラのMiiを作ると愛着がわきますね^^。
服の色は私なりのイメージカラーです。


ショパンとリスト。


シューマンとメンデルスゾーン。
本物のシューマンそっくりの姫カットがありました。私の絵より肖像画に似せました。
口笛を吹く様な口をしていたらしいので「3」の口にしました。


ワーグナーとベルリオーズ。
ベルリオーズは阿片っぽさと年上感が出ればと目にシャドウを入れてみました。
赤毛のもじゃもじゃを再現するのが難しいですね…。

またいじるかもですが、リストとシューマンが似せれたかな?と思います。
[2012/08/04 00:00] | 音楽家ネタ等 | page top
| ホーム |