ブルーシートに描いたツミ

学生時代にブルーシートに描いた小型の猛禽類「ツミ」の絵です。
ブルーシートに何か描くという課題で折り畳むと絵の具が剥げてしまう為、吊るしてあります。
ここ以外に吊るせる場所が無く、この部屋は姪が来た時の授乳&睡眠部屋として使っています。

この鳥を見てどう思われるでしょうか?母は、猛禽類の割には可愛い、と言いました。
ところが、先日妹が生後3ヶ月の姪を連れて来た時、姪はこの鳥に気付いた瞬間目を見開き、大泣きしたそうです。
実はこの絵は縄張りを主張して威嚇している鳥を描いたものです。
大人が見て怖くない絵でも、赤ちゃんは本能的に威嚇されてるのを感じたのかもしれません。
姪には怖い思いをさせてしまいましたが、泣くほど怖い威嚇の絵が描けていたという事が分かり、私は自分の表現力に少し自信が持てました^^;。

姪が生まれたばかりの頃はこの絵に何の反応も示さず、私がピアノを弾いても気にしていない様子でしたが、3ヶ月ぶりに会うと色んなものを認識する様になっていました。
今では私がピアノを弾くと驚いてガン見します。
寝る前に姪が急に泣き出したので暫く理由が分からなかったのですが、どうやらあの鳥の部屋に行きたくないか、思い出して怖がっていた様です。
怖い鳥いないから大丈夫だよと説明すると泣き止みました。
赤ちゃんは寝るのが仕事だけど泣くのは仕事では無い、というのが母の考え。
まだ喋れない赤ちゃんでもちゃんと言葉で説明して不安や不満を取り除いてあげれば伝わります。
でも泣く原因がずっと分からないと泣き止ませてあげるまでに時間がかかってしまいますね。

私と妹は声を出して笑えないタイプなのですが、妹は姪に声を出して笑う子になってほしいと思い、数日間姪に向かって、あはははーあはははーと言い続けていたら、丁度うちに来ている時に姪が声を出して初笑いをしました。
親は私や妹に色んな事を教えたけど笑い方は面と向かって教えなかったそうですし、それがまさか教えて身に付くものだなんて思いもしなかったみたいです(笑)。
[2014/04/20 00:00] | 美術作品 | page top
「僕のショパン」電子書籍でバラ売り
http://honto.jp/ebook/pd_10211952.html
こちらの書店さんで僕のショパンが1話ずつ電子書籍として販売されている様です。
全話揃ってないみたいだけど、お試しに読んでみたい方、ぜひどうぞ♪
お試しに1話だけ読むなら、11話がお勧めです。
ショパンがティトゥスと祖国を旅立ち、音楽で闘うと約束してパリに出るまでのシリアスなお話です。
僕ショパは毎話基本8Pですが、11話はページ数も多く、1巻の中で一番重要で作品全体のテーマを最も表している回になってます。

紙のコミックスの方は在庫が少なくなっている様です。
ご購入下さった方々、有り難うございます。
[2014/04/20 00:00] | 既刊紹介・掲載告知 | page top
| ホーム |