仮縫い&補正

材料が揃いました。
自作するとデザイナーものよりは安くなるけど量産品よりは材料費の方が高くなりそうです。
赤い本は学生時代の教科書です。


パターンを布に写しました。
地元で買える布なのでもし失敗しても買い直せますが、やはり裁断は怖いです。


仮縫いしてみたらこれだけずれていました。
ハイウエストとローウエストのウエストラインは線が上に上がるだけではなくカーブが全然違います。
ウエストラインを360度見て水平にするのが繊細な作業でした。
トルソーで調整出来て良かったです。着ながらではもっと難しそう。
生地屋さんでは薄く感じて、こんなペラペラで大丈夫かなと思ったのですが、縫ってみると予想以上にハリが有りました。
皺になりにくそうだし夏も冬も着られそうではあります。


後ろを何度も補正した跡。
この漫画用の方眼定規は洋裁に最適でした。
仮縫いしてはトルソーに着せ、修正しては自分で着てみる、を何回も繰り返しました。
脇を出し、前ダーツを短くし、後ろダーツを絞り、脇の上らへんを絞り、後ろを更に絞る…。
プロは1〜2回の仮縫い補正でラインを決める事が出来るから凄いです。
この作品では体のラインに沿った服を作る能力を身に付ける事が目的でもあるので、ゴムやギャザーを使うと練習になりません。
基本ぴったりライン且つ体型を綺麗に見せるライン探りながらひたすら補正。
でもまだ何かフィット感が物足りない。
体にフィットするかだけで補正するのでは無く、はじめに決めた出来上がりサイズに合わせてみる事にしました。
通販で服を買う時各サイズでフィット感を想像するのと同じで、一通り補正した後ウエスト等を出来上がりサイズの数値に調整し直しました。
これで漸く、いつものサイズの服を着ているという感覚になりました。
ダーツの距離が左右対称になっているか、脇の縫い目がまっすぐに見えるかもチェック。
仮縫いと補正だけで丸2日かかりました。かなり体力を消耗します。
洋裁は絵の合間にするにはハードな趣味です…。

洋裁再開1着目は挫折しない様にシンプルなものにしようとショートパンツにしましたが、スカートよりパーツも曲線も多く難しいです。
次はミシンで本縫いです。
ミシンの棚から昔の採寸データが出て来て、当時の私は今よりB+4cm・W+7cm・H+5cmも太くて絶句しました。
体のサイズなんて時が経てば変わるものだなと思いました…。
[2015/05/27 00:00] | 服デザイン | page top
洋裁は数学

型紙を作り始めました。
慣れておらず紙を無駄にしそうだったのでまずは新聞紙で。
トルソーが黒くなりそうだから白い紙でした方が良さそうです。
でも新聞のラインや文字がアタリになって歪みを補正しやすかったです。
型紙を作る時は真っ白の紙よりも方眼紙が良さそうだと思いました。


型紙を作る前に小下絵の様なものを描きました。
数字だらけ&製図でまるで数学です。
このヒップの曲線も数学みたい。
型紙の作り方を調べても、斜めの線や曲線の角度が解説されていないので、線をどう引いたら良いのか悩みました。
人それぞれ体型が違うから見本の型紙は大体で、仮縫いと試着できっちり決めていくのかもしれないけれど、漫画の背景では0.5mm単位で描いているので、なんとなく形だけ似せた型紙でちゃんと出来るのか不安になります。
それを新聞紙に原寸大でなんとなく描いてみて、トルソー上で調整しました。
トルソー買って良かった。型紙だけでは布を無駄にしていたでしょう。
ウエストのカーブ、腰のカーブ、脚の付け根が難しかったです。
[2015/05/19 00:00] | 服デザイン | page top
トルソー購入
洋裁に使えそうな針を刺せるトルソーをついに入手しました。
自分ぴったりのサイズが無くて迷いましたが、小さめにして正解でした。
実物は表記サイズより1〜2cm大きく、人間と違って弾力が無いので、トルソーの方が私より少し細い筈なのに私が穿けるスカートのホックが留まらないものもありました。
トルソーがあると服の写真を撮ったりするのも自分で着るよりは便利になりそうです。
作りたい服はあるもののちゃんと作れるのか不安です。
漫画も描く前にはいつも目の前の30枚が永遠に白紙のままな気がして恐ろしくなります。
初投稿作を完成させるのに5年もかかったので描いても描いても終わらない感覚は消えないままです。

いくつか着せてみました。


これは自分でデザインしてプロに作ってもらったスーツです。
1880年代風の要素を取り入れてます。
いつかこれくらいのものを自分で作れる様になりたいです。
パターンは現代のものですが19世紀のパターンを取り入れてみたいです。
ぱっと見サイズ感は普通に見えますが、ジャケットの着丈が40cmちょっとしかありません。
市販のジャケットでこの着丈は中々無いので、ぴったりの丈で着られるのがオリジナルの醍醐味ですね。


これは昔自分で作ったもの。シスター的な制服風です。
教わりながら作ったスカートは売り物になるくらいしっかりしていますが、教わらずに作ったシャツは洗濯に耐えられませんでした。
長く着るにはデザインして縫うだけでは無く生地選びや縫製のコツが必要みたいです。


これは市販の服。以前描いたミクのイラストに着せたコーデです。
イラストはpixivにあります。
[2015/05/14 00:00] | 服デザイン | page top
サイドアップ

ラクガキです。

打ち込みに不向きなDTMソフトGarageBandで短いフレーズを打ち込んでみました。


楽譜がこんな事になります。

♯で書くべき音が勝手に♭になってしまいます(泣)。
異名同音にこだわりのあるショパンが見たら鉛筆折りそう。

フロッピー時代にballadeというDTMソフトがあり、楽譜を作りながら音も調整出来るバランスの良いソフトでしたが(そのソフトのみでコンクール用の曲の楽譜と音が作れた)、時代が進むにつれDTMソフトから楽譜機能が薄れている様です。
私がDTMを再開するにはパソを買い替えなければなりませんが、欲しい機能が全部ついたDTMソフトが見つからず、何年も迷っております。

それにしても絵と音楽を同じ記事にすると分類が…。
[2015/05/12 00:00] | 人間風 | page top
| ホーム |