ドレスショーツ
ドレスショーツ(フォーマルなショートパンツ)を制作しました。
洋裁を再開したのは久々で、昔もそんなに本格的には制作していなかったので、シンプルなものから制作する事にしましたが、全然慣れておらず作り方もよく分からず難しかったです。
ショートパンツを自作しようと思ったのは自分に合うものが中々見つからなかったからです。
私が探していたのは、ハイウエスト・きちんと感・自分のサイズに合う・ゴムやギャザーを使っていない…でした。
何故この条件のショートパンツが少ないのかというと、ハイウエストのパターンは難しいからだそうです。
だからハイウエストは少なく、あってもウエストの後ろをゴムにしたものが多くなってしまうそうです。
市販の大半のズボンはローウエストですが私には似合いません。
スタイルが良ければどんなデザインでも着こなせそうですが、スタイルに自信が無い場合は服の力を借りねばなりません。
という事で自分のスタイルをカバーしながら着られるショートパンツを自作してみる事にしました。







斜め

体に沿うラインが作りたかったので、布・芯・糸は全てストレッチ素材にしました。
ヒップの膨らみからウエストにかけてくびれていくラインを、ダーツを補正しながら作りました。
ウエストからベルト上部に向けてやや広げるのはとても難しく、ストレッチ素材に頼る事になりました。
ハイウエストのパターンが難しくて市販であまり出回らないのも納得。


サイドファスナー開きで持ち出しをつけてみました。
うちにコンシールファスナー押さえが無かったので普通のファスナーにしましたが、コンシールファスナーの方が厚みが少なくラインを出しやすいので次はコンシールファスナーに挑戦したいと思います。
ベルトとファスナー付近には接着芯を貼っているので着用や洗濯による形崩れが防げるのを期待したいです。


ズボンの股の縫い合わせは複雑でしたがやってみたら出来ました。
ぴったり十字に股を縫う事が出来ました。ずれずに縫えると気持ち良いです。
何度もメジャーで数値を測りながらミシンの縫い目のずれをミリ単位で手縫いで修正している箇所も有りますが、非常に時間がかかってしまいます。
定規との戦いは漫画の背景を描くのに似ています。
布は柔らかいのでミリ単位で長さを揃えるのがとても難しいです。

私がショートパンツを自作するきっかけとなった市販のショートパンツとの比較画像がこちら。
市販が左で自作が右です。

初めてショートパンツを買ってみたら胴長&寸胴に見えてショック…。
画像の下に脚が果てしなくあればこれでも格好良く着られるのかもしれませんが、地面はすぐそこ、凄く短足に見えます…。
お腹にもフィットしておらず、穿いてて安定感が有りません。
このショートパンツを穿く時はウエストインでは無く出してごまかして着るしかありませんでした。
そして自作の右、ウエストスッキリ、ウエスト位置が上にくる事で胴が短く細く見えます。


横もウエストスッキリ。


人物を描く時に肘とウエストを同じ高さにする法則が服でも使えます。
服では肘よりウエストラインが低いと胴長に、高いと腰高に見えます。
なのでこのショートパンツのポイントは、肘よりウエストラインを高くする事でした。
そして手より丈を短くする事で、胴を短く・腕を長く見せる効果を出しています。

スタイルをカバーする工夫をこんにもしなくてはならない事が悲しくもありますが、着られそうなものが出来上がって良かったです。
5月後半は洋裁に熱中し過ぎて無理をして風邪引きかけました。
いつか19世紀のパターンで作れる様になりたいのですが円安の為洋書がずっとカートに入ったままです。
それまでにあと何着かシンプルな服を作って慣れたいと思います。
女子なら何着か持っていそうなワンピース、私は1着も買った事が無いので、次はワンピースを制作しようと考えてます。
その前に原稿が…仕事が一区切りついてから。
[2015/06/02 00:00] | 服デザイン | page top
| ホーム |