子供〜プロ志望者向け漫画技法書

遅くなりましたが寄稿させて頂いた書籍を紹介致します。
「プロ技マスター! まんがイラストDX」で漫画作りのやり方について書かせて頂きました。
小中学生向けの本ですが、漫画家志望〜新人漫画家まで使える内容になるよう工夫しましたので、これから漫画を描いてみたい方も漫画を描いていて色々な疑問や悩みがある方も、是非ご覧頂けましたら幸いです。

実はこの本ははじめ、お断りしようと思っていました。
依頼内容が当初、主人公らしい元気なキャラと、ライバルらしい意地悪なキャラと、相手役に相応しい男の子の絵の描き分けを解説するだけの、典型的な王道のみを描くものだったのです。
私は子供の頃元気だけが取り柄のドジッ子主人公はとても苦手でした。
漫画家になってからも主人公はこんなキャラじゃないと駄目等と言われる事にも納得がいきませんでした。
それをお伝えしたら、描きたい内容にしていいから私に描いてほしいと言って頂けたので、この仕事をお引き受けする事にしました。
漫画家志望で担当がついたのに&念願叶ってデビューしたのに担当者と方向性が合わず、出すもの全て納得のいかない形で否定され、何を描いていいのかも何を描きたいのかも分からなくなり中々先に進めなくなることは少なくありません。
小中学生だけでなくそのような方達にも何らかのきっかけになればと思い、自分の担当ページを構成しました。

私が担当したのは、色んなキャラの作り方・それぞれのキャラ絵の描き方とキャラ設定の仕方・それらのキャラを使ってのストーリーの展開の仕方です。



中身の一部。起こりうる表情やポーズのバリエーションをイラストにしています。

まずキャラ作りについて、主人公と相手役の男の子について主に書きました。
主人公もそれ以外のキャラも、こんな子じゃないと駄目というのは全くありません。
漫画は、どんな性格の子でも主人公に出来るのです。
では自分の描きたい子を主人公にするにはどんな要素が必要でどんな点に注意すればいいのか、キャラ作りの中身とビジュアル的なポイントを漫画や文章で解説しています。
そして色んなタイプの子を主人公にする例をイラストと文章で解説しています。

そして女の子と男の子のペアの作り方についてのポイントを書きました。
漫画においてキャラそれぞれの魅力はもちろんの事、ペアとしての魅力も必要不可欠です。
魅力的な男女ペアをどうやって作るかを、分かりやすい例を挙げて解説しています。

更にそうやって作ったキャラからどんなストーリーが生まれるのか、キャラによって、ペアによって、様々な可能性があり、それぞれのペアならではの押さえるべきポイントを解説しています。

そしてライバルのキャラの作り方と主人公との関係性についても書きました。
ライバルは意地悪な子である必要はありません。
色んなタイプのキャラでもライバルに出来るという事をイラストで例を示しながら書いています。

全体を通して決してこんな風にすれば良いとは書いていません。
創作においてこうすれば良いというものはありません。創作とはまだこの世に無いものを創り出す事だからです。
一番大事な事は自分が描きたいものを思い描いて100%表現する事です。
これは教わる事が出来るものでも誰かが言える事でもなく、一人一人の描き手が作り出す事で初めて価値になるものだからです。
私はこの本で、その為の方法、手段、可能性を、私自身まだ若輩者ながらも出来る限りお伝えしたいと思いました。

ちょっとした基本的な要点を意識すれば、王道から個性派までどんなキャラでも主人公にもライバルにも出来ます。
そうすれば自分だけのオリジナリティを発揮しながら、漫画の基礎や定番をしっかり押さえた説得力のある漫画を作れる可能性があるのです。

イラストを描くのが好きでこれから漫画も描いてみたい方、もう一度漫画の要点を押さえて更に漫画を描いていきたい方に、この本を楽しんで頂けましたら幸いです。
[2016/03/18 00:00] | 既刊紹介・掲載告知 | page top
友人の個展
MENSAから総会の案内が届きました。
体調さえ万全なら絶対参加したいのですが(泣)。
出欠の返信締切が迫っております。

川島知之さんの個展のご案内。
3/6まで神戸のat Daphnis et le coconで開催されております。
詳しくはこちら。
http://spm-fz.spacemoth.shop-pro.jp/?eid=606
私の様な個人事業主である漫画家には同僚と呼べる人が殆どいませんが、数少ない戦友の一人です。
そして画像の通り卓越した画力とデザインセンスのお持ちのクリエイターさんです。
ぜひ足を運んでみて下さい。
[2016/03/03 00:00] | その他雑記 | page top
| ホーム |