Mensa柄のタータンチェックスカート
数年前から何かイギリスらしいチェックのアイテムが欲しいと思っていた所、Mensa70周年記念タータンがスコットランドで作られていると知りました。

こちらがそのニュースのページ。
http://www.mensa.org/news/celebrate-70-years-mensa-style

柄が個人的に好きな色合いで惹かれました。
どんなアイテムがあるのかScotwebのサイトへ。
https://www.scotweb.co.uk/browse?material_products=603979

民族衣装は魅力的ですね。
本格的なスコットランドのアイテムに夢中になり、何日間もサイトに入り浸りました。
着方の動画が可愛かったです。
靴下の折り目の内側に靴下留めとリボンが仕込まれているのがツボでした。
Mensa柄では服・マフラー・ネクタイ・鞄等、色々なアイテムがオーダー出来るようで、私は最も頻繁に使いそうなスカートにしました。
ウエスト・ヒップ・丈をこちらが選んでから作ってもらうセミオーダーです。
ヌードサイズではなく製品仕上がり希望サイズを選びます。

送料無料を選んだのですが発送のお知らせの後思ったより早くに到着しました。
とても素敵な色合いです。
人生初のスコットランドの本格アイテムにときめきました。
201607073.jpg
前がフラットで後ろがプリーツです。
トルソーは筒型体型なので縦長シルエットになっておりますが、平胴の私が着ると後ろのプリーツが前から少し見えます。

201607074.jpg
201607075.jpg
201607077.jpg
ホックやファスナーは無く、両側のベルトで固定する伝統的な作りです。
プリーツも伝統的な縫い方で縫われているそうです。
丈は大体膝上10cmでオーダーしました。サイズぴったりです。
今回私が購入したのはスカートだけですがお揃いで他のアイテムも欲しくなってしまいますね。
Mensa柄以外にも伝統的なタータンから新しい柄まで沢山あるので、日本人が着物の柄を選ぶのと同じ様な感じなのかもしれませんね。

ちなみに数年前にチェックのアイテムに興味を持つきっかけとなったのはこちらです。
http://i.dailymail.co.uk/i/pix/2012/05/14/article-0-1315362C000005DC-25_634x698.jpg
これは20年以上前のかなりのレアアイテムで、ヴィンテージで出ているのを見た事がありません。
[2016/07/20 00:00] | その他雑記 | page top
センター試験参考書「世界史B」
表紙を担当させて頂いているセンター試験参考書シリーズ「改訂第2版 センター試験 世界史Bの点数が面白いほどとれる本 」が発売されました。

レオナルドとミケランジェロシリーズ第二弾です。
こちらの絵は前回とポーズ違いです。二人の衣装は当時のものを参考にして描きました。
レオナルドはオシャレ男子でカラフルな服が好きで、自分でデザインした服を着ていたそうです。
当時はローズピンクが流行でした。
タイツはリボンで留めていた様です。
今では男性の装いとしてはあり得ないですがタイツ&リボンは可愛らしいですね。
ミケランジェロは自分の服には興味が無く、身なりがボロボロになるまで制作に打ち込んでいた様ですが、この絵では派手さを抑えつつも感はっきりした感じの服にしました。
キャラもかなり描き込みましたが、二人のバックにある作品は更に時間がかかった気がします。
モナリザの目の表情と顔の筋肉が難しく、何度も塗り込みました。
少しずれるだけで全然違う表情になってしまうのです。

レオナルドとミケランジェロの表紙はあと一作納品済みですのでそちらもどうぞお楽しみに!
二人を仕事で描ければいいなあと思っていたので実際に描く機会を頂けて嬉しいです。
教育関係の勉強をしてきたので、この参考書表紙の連作は自分らしい仕事をさせて頂いてるという実感で一杯です。
[2016/07/07 00:00] | 既刊紹介・掲載告知 | page top
| ホーム |