2009.11.27
9月頃だっけ?譜読みしてみたショパンのエチュードOp.10-1。なかなか時間取れませんでしたがやっと感想書こうと思います。
1つ1つが10度のアルペジオ…て言ったけど11度(ド-ファ)もありました。この画像だと3小節目。指裂ける!

…いや実際には脱力して弾くから指が裂けそうにはならないのですが。
手の小さいショパンでもめいっぱいなんじゃないでしょうか。でも柔らかい手でサラッと弾いたんだろうな。
あ、この楽譜は左上にリストに献呈した曲だというのが書かれてるっぽいですね。

この曲を含むエチュードOp.10は当時評論家から「外科医がいないゃ弾いてはいけない」みたいに批評されたのが有名です。
私は実際に10-1を譜読みしてみて、外科医までとはいかなくても、「そばに整体師がいなきゃ弾いてはいけない」と実感しました。
これ3回程両手で弾いた後、腕から背中にかけて滅茶苦茶筋肉痛になったからです。絵を描くのも大変なくらいに。
Op.10はショパンなりの今までに無い革新的な練習曲ですが、普段使わない筋肉を使う様に作られてるという意味でも凄いです。
まだこれ弾いた事無くて「外科医がいなきゃ〜」の批評を実感してみたい方はぜひ譜読みしてみて下さい!ショパンに筋肉を潰されましょう(笑)。
指定のテンポで弾くのは私は無理そうだけど、ハ長調だし譜読みだけなら何年かピアノ習ってたらいけそうかな?と思います。


CD取り込みでは無く動いてる動画を探してみました。因みにうちにあるMDはポリーニの演奏です。
[2009/11/27 00:00] | ピアノ | page top
| ホーム |