コルセット
移転前のサイトに載せた雑記に加筆しました。

19世紀が好き過ぎて、19世紀創業のイギリスのコルセットメーカーの本格コルセットを連載が終わった頃に買ってみた。
今の時代も愛用者が多いそうで、日本でも手に入るんですね。
見るだけでなく使えるリアル19世紀アイテム、テンション上がります♪

リボン付きの箱で届いてびっくり。

着用ビフォーアフター。昔の絵の中の人みたいなラインになってる!
画像では分かりにくいですが平たい体型が筒型になり、肋骨のボコボコが無くなって綺麗なラインになりました。

後ろ。執事に引っ張ってもらわなくても一人で着用出来ます(笑)。
着物の帯を締めている感覚に近いかも。体は曲げにくいのでお行儀良くなりそう。
しかし、コルセットを着用すると細くなるのかと思いきや、これ以上無理って所まで締めてメジャーで測ってもヌードサイズとあまり変わらない…。
コルセット自体が分厚いので、中身の私の体は大分締まっているとは思いますが…やはり執事が必要なのか(笑)。
締まりやすい体と締まりにくい体があるそうで、体型や肉質によるそうです。
あとは続けていると締まってくるそうです。
でも見た目のラインが大分変わるのが素敵です。
アウターとしても着られるデザインのものを買ったので機会があれば外に着て行きたいと思います。

外すとこんな感じです。
世界中で同じ服を着ている現代と違い、鎖国時代の日本と西洋の文化は異質なものだと思っていたけど、実は共通点が多いのではと思いました。
コルセットと帯の締め上げ感は似てるし、盛り髪、床を引きずるロングドレス、豪華だけど着るのが大変な所等とても似てます。
情報を共有してなくても文化が同じ様な変遷をたどっているのが面白いなと思いました。

睡眠中に度々着用してますが、日本は蒸し暑いから夏はコルセットから遠ざかる…。
こちらが最近撮った写真です。
20120721.jpg
分かりにくいですが、後ろの開きが少し狭くなりました。
下の方は殆ど隙間がありません。上側は6〜7cm間があいております。
5cmくらい間があくくらいで着るのが綺麗らしいので、あと少し!

コルセットを選ぶ時サイズに悩みました。
自分のサイズより-10cmを選ぶ、ぴったり-10cmが無くて迷った場合は小さめを選ぶ、と書いてあるサイトさんが多かったので18インチにしてみたのですが、実は初めて着用した時は背中の当て布が足りないくらい締まらなくて、20か22インチにしておけば良かったかも!?と内心真っ青になりましたが、背中のあきが7cm以内になった今、漸くこのサイズを買って良かったと思える様になりました。
隙間が完全に無くなるフルクローズを目標にしているわけではありませんが、この7cmを克服するのは難しいだろうなと思います。
大きな進展があったら(!?)またこのページに書き足そうと思います。
[2012/07/21 00:00] | その他雑記 | page top
| ホーム |