マンガと音楽の甘い関係
マンガと音楽の甘い関係マンガと音楽の甘い関係
(2013/01/09)
高野麻衣

商品詳細を見る

1/9発売の高野麻衣さんの著書「マンガと音楽の甘い関係」で僕のショパンを紹介して頂きました。
載せて頂けた事自体とても有り難かったのですが、手塚治虫先生のショパン漫画「虹のプレリュード」の後に、現代のショパン漫画として紹介して頂けた事に2倍感激でした。
連載を始める前、ショパンが出てくる漫画はほかにあるのだろうか、あるとしたらショパンはどんな風に描かれているのか知りたくて、虹のプレリュードを読みました。
私がこれから描ければいいなと思っている漫画は僕ショパみたいにほかにあまり無い題材のものだったりしますが、念の為似た題材のものが無いか調べたら、手塚先生と水木しげる先生だけが描いていたものもあり、またしても!?と驚くと同時に、やっぱり漫画の神様だと思いました。
「マンガと音楽の甘い関係」から僕ショパに興味を持って読んで下さった方もいらっしゃったそうでとても嬉しかったです。
漫画と音楽の関係を読み解くミステリー形式で、「ショパン系ピアノ王子」「リスト系ピアノ王子」等、色々な時代の名作漫画とキャラが、歴史や神話にも触れながら紹介されています♪

僕ショパは今までドラマCD・ゲーム誌・音楽専門誌・書籍等、色々な所で取り上げて頂けて、この作品を描かせて頂けた事と興味を持って頂けた事、読者さん・お仕事関係の方・それにショパンをはじめとする音楽家達に感謝の気持ちで一杯です。
私の身には少し打ち明けた複数の同業者さんに悉く驚かれる様な事があったのですが、この作品で漫画家になってからの数年間が報われた思いです。
好きなものを心を込めて描く事は間違いじゃなかったんだと、創作の喜びを実感しました。
これからも自分の経験を生かした創作が出来ればと思います。
[2013/01/20 23:00] | 既刊紹介・掲載告知 | page top
| ホーム |