僕のショパン第4話「慰めのキス」

ティトゥスをちゃんとペン入れして描いたの初めてです。
後半の手紙の中身はポーランドの親友宛の内容をまとめてます。
リストはポーランド語を読めないので創作ですが、ワーグナーに似た様な事したリストならアリだなと思って。
嘆き悲しむワーグナーをキスで黙らせて慰める…リストは出来過ぎた漫画のキャラ過ぎる(笑)。
真顔でこういう事が出来る人みたいです。
ショパンの部屋に遊びにきてる時も2人で結構ベタベタしてる印象でした(リストはショパンに「うっとり」とか書いてます)。
あとはリスト著ショパンをGETした時にも書いたけど、ショパンは自分を想ってもらえたと分かると1人で喜ぶけど、リストにはショパンの動作を見てればそれが分かるとの事です。
ショパンを優しく見つめるリストとそれに気付かないショパン…想像するとなんとも素敵。
この時のリストの感情…今で言う萌え〜かもですね。
今回の漫画の中のティトゥスのセリフは殆どギャグですね(笑)。
ティトゥスはあと少なくとも1回は出したいです。勿論ウィーン同居生活の話で。

「ショパンの手紙」より、ショパンがポーランドの親友に書いた手紙のラブラブ部分の一部を抜粋。
4話語り用に先月抜粋作業をしてました。
口調は私が描いてるものに揃えましたが、まとめて読むと…同性愛疑惑をかけられるのもしょうがないと思ってしまいました(笑)。
・君はキスされるのが好きじゃ無いかもしれないけど、どうかキスさせてほしい。
・僕はほとんどいつも君を思っているって事、信じてね。僕が生きている限り君を放さないよ。
・君がおくってくれる一瞥は、どんな称賛よりも貴重なんだ。
・疑う余地がないほど君が僕を愛してるって確かめるのはどんなに嬉しい事だろう。
・いつも君の夢を見ているんだ。僕を愛して。
・君の手を握りしめずにいられない!
・君には僕が必要じゃないのかもしれないけど、僕には君が必要なんだ。綺麗にひげを剃って待っているよ。(←キスしてもらう為?)
・僕をこの手紙から、また君から切り離すなんて出来ない。君も同じ様に僕を愛してくれるよね?
・君は僕の事を、何でも投げ込める深淵だと思ってね。僕は君の半身だから。(←受けな発言にも見える…笑)
・僕は馬鹿げた事を書きなぐって、君が僕をもっとしっかり、もっと深く愛してくれる様に試してしまう。君の心が何でもかんでも僕の感情に応えてくれる様な超人的なものであってほしいと求めてしまうんだ。
・君に抱きつかせて。
・まず君にキスしてもらわなくっちゃ。
・抱きしめて!君を僕の命以上に愛してる。
…ショパンはほかの人にはガラスみたいな近寄り難さのおすましさんなのに、ティトゥスの前ではこのデレっぷり!ティトゥスになりたい…。

4話の自分パロネタ。前回のと一緒に描いたので4/1にUP出来ました〜。
もしリストとティトゥスが出会ったら、リストがどんなにショパンの為に頑張っても最後のおいしい所はティトゥスに持っていかれそう(笑)。
[2010/04/01 00:00] | 僕のショパン紹介 | page top
| ホーム |