僕のショパン第20話「リボンで束ねた悲恋」

20話はいよいよショパンの恋愛。本命の恋愛は後に控えていますが…今回はマリアの話です。
告白は再会した時の帰り際の最後にやっと出来たそうです。
恥ずかしがりやのショパンがキラキラした目で超頑張ったんだろうな…と(*´-`*)。
最後のPの手紙のエピソードが、私が初めて人物としてのショパンに興味を持った話でした。
シリアスなエピソードですが、筆跡とか震えてて(漫画ではスペースに合う形で似せてあります)、 最大限落ち込みながらもあんな乙女な事をしたのかと思うと、ショパンが愛おしくて愛おしくて。
で、ショパンって乙女?と思い始めて調べたらどんどん乙女ネタが出て来て、キター!みたいな(笑)。
カワイ子ぶろうなんて思ってたらショック状態であんな事は出来ない、ショパンは素で真剣に乙女だったんだ!と思ってしまいました。
占いネタも、占いなんかに頼っちゃダメ!って親に注意されるアラサー男なんてそういない…(笑)。
ショパンの両親との再会エピソードもあります。
ショパンが恋愛を始めた時期、パリで出会った仲間達がパリを離れて寂しくなった時期と近いです。

お知らせ~7/22に僕のショパン1巻が電子書籍で販売される事になりました。とても嬉しいです。
電子の世界でも楽しんで頂ければ幸いです♪
[2011/07/01 00:00] | 僕のショパン紹介 | page top
| ホーム |