僕のショパン第22話「ショパンを慰めたかった男色家」
僕のショパン22i750611093017
9月は2話同時掲載、ショパンの妖精&天使ネタです。
ショパンに萌えていたオッサン最後の1人。今度は本物です…危なっかしすぎるショパン(笑)。
丁度恋破れた頃、ショパンに誘いの手紙を送るキュスティーヌ。
ショパンは自分を狙っていた男色家キュスティーヌの別荘に泊まりに行ってしまう…。
合鍵事件もそうだけど、ショパンは寂しさMAXになるととんでもない事をしてしまいますね。
「慰めよう等とはしません」なんてキュスティーヌが言うからこんな話が出来てしまいました(笑)。
泊まりに行った時期は色んな説があるみたいです。
それまでも何度か行ったとか、すっぽかしていたとか。
別荘はパリの近くで今はもう無いらしいのですが、グーグルで見たらキュスティーヌ通りというのがあって、この人の事なのかな…?
ショパンを狙っていた、という以外は芸術に理解のある良き友人だったそうで、ショパンもずっと友人として付き合っていたそうです。
[2011/09/01 00:00] | 僕のショパン紹介 | page top
| ホーム |