トルソー購入
洋裁に使えそうな針を刺せるトルソーをついに入手しました。
自分ぴったりのサイズが無くて迷いましたが、小さめにして正解でした。
実物は表記サイズより1〜2cm大きく、人間と違って弾力が無いので、トルソーの方が私より少し細い筈なのに私が穿けるスカートのホックが留まらないものもありました。
トルソーがあると服の写真を撮ったりするのも自分で着るよりは便利になりそうです。
作りたい服はあるもののちゃんと作れるのか不安です。
漫画も描く前にはいつも目の前の30枚が永遠に白紙のままな気がして恐ろしくなります。
初投稿作を完成させるのに5年もかかったので描いても描いても終わらない感覚は消えないままです。

いくつか着せてみました。


これは自分でデザインしてプロに作ってもらったスーツです。
1880年代風の要素を取り入れてます。
いつかこれくらいのものを自分で作れる様になりたいです。
パターンは現代のものですが19世紀のパターンを取り入れてみたいです。
ぱっと見サイズ感は普通に見えますが、ジャケットの着丈が40cmちょっとしかありません。
市販のジャケットでこの着丈は中々無いので、ぴったりの丈で着られるのがオリジナルの醍醐味ですね。


これは昔自分で作ったもの。シスター的な制服風です。
教わりながら作ったスカートは売り物になるくらいしっかりしていますが、教わらずに作ったシャツは洗濯に耐えられませんでした。
長く着るにはデザインして縫うだけでは無く生地選びや縫製のコツが必要みたいです。


これは市販の服。以前描いたミクのイラストに着せたコーデです。
イラストはpixivにあります。
[2015/05/14 00:00] | 服デザイン | page top
| ホーム |