洋裁は数学

型紙を作り始めました。
慣れておらず紙を無駄にしそうだったのでまずは新聞紙で。
トルソーが黒くなりそうだから白い紙でした方が良さそうです。
でも新聞のラインや文字がアタリになって歪みを補正しやすかったです。
型紙を作る時は真っ白の紙よりも方眼紙が良さそうだと思いました。


型紙を作る前に小下絵の様なものを描きました。
数字だらけ&製図でまるで数学です。
このヒップの曲線も数学みたい。
型紙の作り方を調べても、斜めの線や曲線の角度が解説されていないので、線をどう引いたら良いのか悩みました。
人それぞれ体型が違うから見本の型紙は大体で、仮縫いと試着できっちり決めていくのかもしれないけれど、漫画の背景では0.5mm単位で描いているので、なんとなく形だけ似せた型紙でちゃんと出来るのか不安になります。
それを新聞紙に原寸大でなんとなく描いてみて、トルソー上で調整しました。
トルソー買って良かった。型紙だけでは布を無駄にしていたでしょう。
ウエストのカーブ、腰のカーブ、脚の付け根が難しかったです。
[2015/05/19 00:00] | 服デザイン | page top
| ホーム |