センター試験参考書「倫理、政治・経済」

センター試験参考書改訂第3版「倫理、政治・経済の点数が面白いほどとれる本」の表紙を描かせて頂きました。
ラファエロの絵をモチーフにしたレオナルドとミケランジェロです。
このシリーズは女の子もしくは男女のイラストが基本のお仕事ですが、レオナルドとミケランジェロの案を提出したら描かせて頂ける事になり、更にはじめに予定に無かった3枚目のレオナルドとミケランジェロの絵のご依頼を頂けて、完成の運びとなりました。
ラファエロの絵ではレオナルドはお爺さんでミケランジェロは座っている人物ですが、中心の二人を若い二人にして描いています。

ラファエロは女性が好きでレオナルドとミケランジェロは恋愛にあまり興味が無かったようです。
そのせいかどうか、ラファエロの描く女性は美人で、レオナルドの描く女性や少年は中性的な感じがします。
レオナルドの描いた人物が男か女か分からない、という議論もよくされていますね。
レオナルドは性別を超えた人間的な美しさを表現したかったのかなと思いました。
筋肉マニアのミケランジェロは普段クールなのに彫刻の様に完璧な筋肉美の美青年に会った時テンションが上がり過ぎて相手をドン引きさせたエピソードが面白いです。
音楽家ではリストも普段クールなのに感動したらテンションが上がり過ぎてマシンガントークになり、曲を褒められたベルリオーズがドン引きしてしまったというエピソードがありますね。

元々厚みのある体型を描いていたのが少女漫画で体型を薄く描かなければならなくなり、でも薄い描き方は他のジャンルに合わないので作風の調整が大変だったのですが、やっと取り戻せて来たかなという感じです。
所で、折角近所に映画館が出来たのに見たい映画が上映されないので、梅田まで行く予定を立てております。
「栄光のランナー」という戦前のベルリンオリンピックの時代を描いた、オリンピックイヤーに相応しい映画です。
梅田ですら朝と夜のみで、9/3以降は上映未定。明日行くのでギリギリ間に合いそうです。
[2016/08/31 00:00] | 既刊紹介・掲載告知 | page top
| ホーム |