RACE〜栄光のランナー
映画観てきました。梅田まで観に行って良かったです。
舞台は1936年ベルリンオリンピック。
アメリカはナチスの開催するオリンピックに参加すべきなのか、そして黒人の希望の星である主人公はその陰謀渦巻くオリンピックに参加すべきなのか。
黒人差別・ユダヤ人差別・国家間の争い等が絡み合った中で傷つき悩みながらも奮闘し、スポーツマンシップを発揮するアスリートの事実を元にした物語です。
日本にも差別はありますがこの種の差別は目の当たりにした事がありませんし、当事者ならメンタルずたずたです。
自分に対する差別や圧力だけでなく、参加してもしなくても誰かを裏切る事になるし、国際的な差別を背負って参加する以上負けたら人種全体の負けの証明になるから勝つ事しか許されない、あの状態で世界の舞台で戦うのは物凄いプレッシャーだったと思います。
周りで陰謀が渦巻く中、苦しみながらも純粋にスポーツに打ち込み偉業を成し遂げるアスリートの姿は、人種や国籍を超えて人々の心を1つにするオリンピックの象徴である平和的な存在だと思います。
芸術にも同じ役割と力がありますよね。
リストも著書で、共感の力で人々を1つにする大切さを熱く語っていました。

主人公は黒人でアメリカ人のジェシー・オーエンス。
アメリカで普段酷い黒人差別を受けている主人公は、オリンピック出場を希望に頑張るのですが、オリンピック選手になれるかどうかという時に複雑な立場に陥ります。
ユダヤ人差別のあるドイツでオリンピックに出る事はその差別を肯定する事になるから出場しないでほしいと、全米黒人地位向上協会から言われて悩みます。
そして主人公がメダリストとなってアメリカに勝利をもたらした後も、黒人の立場は改善せず、オリンピックの祝賀会会場でさえ玄関から入る事を許されずに終わります。
そういう時黒人は抗議する事も許されない雰囲気です。
オリンピック公式コーチを外されても主人公を応援する為に自腹でベルリンへ行った白人コーチが、主人公に対する差別に抗議するシーンが何度もありました。
ドイツでは黒人用の選手部屋等の区別が無く、表向き平等で平和に見えて主人公達は一瞬ホッとするのですが、そのうちアメリカと変わらない差別を経験してしまいます。
そして折角代表選手としてベルリンまで来たのに、突如勃発した権力者の揉め事のせいでユダヤ系アメリカ人が出場禁止になり、代わりに主人公が未経験の競技に出て勝たねばならないシーンもありました。
オリンピックで良い成績を出そうとする事だけで十分大変なのに、差別や陰謀に翻弄される選手達が本当に気の毒でした。

故意に誰かを悪者にしない作りなので偏見無く鑑賞出来ると思います。
どちらの国の差別がより悪いかという描かれ方はされていませんし、観客や主要人物の主張や反応も当時をリアルに再現しようとしているのが伝わってきました。
時代や国が違えど善人もいれば差別主義者もいる、それをちゃんと描いていました。
アメリカはナチスの差別を許せないと主張しながら、自分の国の黒人に酷い扱いをしている矛盾が描かれていました。
国としての葛藤も丁寧に描かれていました。
選手のチャンスを奪ってはならないというプレゼンテーションは素晴らしかったです。
でもアメリカのオリンピック参加を投票で勝ち取っても、現地でユダヤ人が出場出来なくなるトラブルが起こったりと、完全にチャンスを与える事が出来なかったのが無念です。
芸術もそうですがスポーツも、国の為よりも選手の為に開催されるものであってほしいです。
当時は特にそれが困難な時代や情勢であった事がよく分かります。

主人公のライバル選手であるドイツ人ロングがとてもいい人で、2人のスポーツマンシップは感動的でした。
実際に2人は親友になったそうです。
しかしロングはオリンピックで活躍したにも関わらず政府の思想に染まらない人だったためにその後のWW2で前線に送られて亡くなってしまったというのがとても悲しいです。
辛いシーンもありますが、努力や友情の素晴らしさを凄く実感出来る映画でした。
この先どんなに世界が平和になってもオリンピックが政治や経済と完全に切り離される事は難しいかもしれませんが、純粋に努力してきたアスリートの活躍の場が権力者の都合で奪われる事だけは避けてほしいと願います。
主人公がオリンピック出場を決意した時のセリフ「走っている10秒だけは自由になれる」が名言でした。
私も、創作している間が一番自分らしく自由になれると言える様な創作活動が出来れば理想です。

ほかにはドイツの女流映画監督のレニ・リーフェンシュタールが魅力的なキャラクターに描かれていました。
男の中でリーダーとして仕事をバリバリやって、性格は芯が強いながらもキュートな人という感じ。
ブラックブックのヒロイン役の女優さんだと後から知りました。
リーフェンシュタールは実際にベルリンオリンピックの記録を撮った人です。
彼女は国から記録映画の撮影を任されている立場ですが、黒人やユダヤ人を映像に収めたく無い幹部の妨害に屈する事無く、オーエンスは美しい、だから撮りたい、と国の宣伝としてでなく自分の作品として映画を撮ろうとする姿が情熱的でした。
ゲッベルス「私の試合だ!」リーフェンシュタール「私の映画よ!」と撮影について衝突するシーンがありました。
そういえばリーフェンシュタール作のDVDを1枚持っていますがオリンピックのものは観た事が無いので今度観てみようと思いました。
この映画のモチーフになったシーンが観られるかもしれません。
さて明日から1ヶ月以上ぶっ通しで仕事する予定です。
[2016/09/01 00:00] | その他雑記 | page top
| ホーム |