音楽史を混乱させている反リスト派
一昨日の記事での専門書の正しくない記述に関連する事ですが、ショパンの伝記を何冊か読んでいると、リストがショパンと比較されて下げられたり、ショパンとリストの友情を否定する記述を目にします。
これらは反リスト派によるものと思われます。
反リスト派はショパンの存命中から現在に至るまでの長きにわたり存在し、不自然なリスト下げを行っているようです。
反リストなショパン本は、ショパンに関する記述が素晴らしいだけに影響力が強く、リストに関する否定的な記述も読者に鵜呑みにされてしまいがちです。

以前私の漫画の読者さんから「学校の音楽ではリストはショパンに嫉妬していたと習った」と意見を頂いた事があり、愕然としました。
反リストな記述を鵜呑みにした教師が生徒に誤った情報を教えているのはとても残念な事です。
実際は揺るぎないNo.1の座にいたリストは嫉妬から解放された状態で、仲間を支援する役割をも果たす事が出来ました。
それでいて王者の地位に甘んじる事無く気絶するほどハードな練習をしたりしていました。
そしてリストはショパンをずっと敬愛していました。これはリスト本人の著書からも窺えます。
それに対してショパンのリストに対する気持ちは何度も揺れていて、そこが2人の関係の興味深い所でもあります。

リストの人物像を偏見無く知るには、

「フランツ・リストはなぜ女たちを失神させたのか」
(http://www.shinchosha.co.jp/book/610547/)、

ショパンとリストに友情があった証拠になる本としては、

「パリのヴィルトゥオーゾたち」
(http://amzn.to/2yOV9eC)
がおすすめです。

後者はショパンとリストに弟子入りしたロシア人が書いた本で、2人の以心伝心なエピソードが微笑ましいです。
私も作品などを通してショパンとリスト2人の人間関係の本質に迫り、興味のある方に知って頂ければ嬉しいな、という思いで活動しています。
[2017/10/26 00:00] | 音楽家語り | page top
| ホーム |