フロレスタン×オイゼビウス
シューマンのオタク全開な文章を久々に読み返して笑いが。


フロレスタンとオイゼビウスはシューマンが作った架空の脳内キャラで、フロレスタンがシューマンの陽を表した分身、オイゼビウスが陰を表した分身、という設定だそうです。
これは初めてショパンの曲を知って感動した時に書いた音楽評論で、「音楽と音楽家」の冒頭に収録されています。
芸術への真摯さと文章の面白さが見事に両立している本です。
[2017/12/19 00:00] | 音楽家語り | page top
| ホーム |