GIFアニメ〜ショパンとマイアベーアのマズルカ事件
マイアベーアがショパンのマズルカを2/4拍子に聞こえると言ったらショパンが珍しくマジ切れし、それを見ていた弟子レンツがショパンの激昂の美しさに見とれた、という有名なエピソード。
私はこのエピソードが好きで、かつてサイトや僕ショパで描き、今度はGIFアニメにしてみました。


元ネタはこの本、レンツの回想録です。

改訂版 パリのヴィルトゥオーゾたち ショパンとリストの時代

怒って青白くなる顔色と薔薇色の頬の対比を表現してみました。
震え方に強弱を付けています。
ショパンのエピソードで頬の赤さが一緒に語られることがよくありますのでかなり印象的な特徴だったようです。

普通は人が目の前でマジ切れしたら気まずいだけなのに、周りの人を見とれさせてしまうのが流石ショパンです。
楽しそうな時は誰でも魅力が倍増するものですが、ショパンが凄いのは悲しい時(思い出の手紙にリボンをかける)や怒った時(この件でその後書斎に閉じ籠る)の言動までもが可愛い事です。

このショパンとマイアベーアのマズルカマジ切れ事件だけ見ると2人は馬が合わなかったように見えますが、前後の関係を考えると、どうやら感情を剥き出しにできるほど仲が良かったらしいです。

この件ではマイアベーアはレンツのレッスン中に押し掛けてショパンをいじり始めています。
普段からショパンいじりネタを思いついてはショパン宅にいきなり押し掛けていたのだろうなと思いました。
この時期30歳過ぎのショパンは門前払いをさせて会う人を制限していましたが、マイアベーアはいつでもショパンの部屋に来ていい権利があったという事で羨ましい立場です。
いつもはいじられるとすぐ折れてしまうショパンですが、この件だけはムキになったのでマイアベーアもびっくりしたそうです。
「ショパンは何でも譲るが音楽だけは譲らない」とリストが著書で書いている通りですね。
[2018/08/04 00:00] | 音楽家CGイラスト | page top
| ホーム |