演奏会のお知らせ
20090127.jpg
コンサートのパンフみたいな。何故か現代スーツで。
ショパンとリストは2人でコンサートを開いたりお互いの曲を弾きあったりしてたみたいです。
当時もし写真があったら素敵なパンフが後世に残っていただろうに…。
ショパンはコンサートに出るのが怖かったらしいので、コンサート慣れしたリストと2人で連弾したりしてコンサートに出るのは、ショパンにとっては心強かったのかも知れない。
その一方でリストと違って自分はコンサートに向かない事、他の道を探すべき事を一層自覚させられる事になる。
2人の出会いはお互いの進路に大きく影響し合う…「僕のショパン」の大きなテーマでもあります。

↓2人が宣伝の練習をしたら?という設定…。
リスト「中々コンサートに出たがらないショパンを説得して、俺となら出てもいいという所までなんとかこぎ着けました。滅多に人前に姿を現さないショパンに会えるチャンスですよ!ぜひ聴きに来て下さい。」
ショパン「別に1人で出るのが怖いわけじゃありませんよ!リストがどうしてもって言うので。それと僕には好奇の目を向けないで下さいね。体が麻痺してしまいすので。僕はリストと違って面白い事もしませんから。」
リスト「…………宣伝は俺がやるよ。」
ショパン「え、いいの?ありがとうv」
リスト(こんな浮かれたパンフ刷れただけでも良しとするか…。)
リストは分かっていた…ショパンの毒舌が聞けるのはショパンと親しい人だけである事を。
俺はショパンと親しい友人である事を誇りに思うし、俺の前ではこんな事を言っても人前では品の良い事を言うだろう。
そしてリストは気付いていた…練習とは言えショパンがこんな事を言うのは、ただでさえコンサートに出るのは嫌なのに面倒な宣伝までやりたくない、 君1人でやってくれという意思表示なのだと…。

ショパンが困っていると、それを見た人は何でもしてあげたくなったそうです。
守ってあげたい!オーラを天然で出していたショパン(笑)。
ショパンの皮肉は人を楽しませる種のものでした。
同時代人レンツの回想録に出てくるショパンの口調がツンデレっぽくて、心の中で突っ込み入れつつも惹き付けられたのだろうなと思いました。
[2009/01/27 00:00] | 音楽家CGイラスト | page top
| ホーム |