僕のショパンが特集された「月刊ショパン」が入手可能

ピアノ専門誌「月刊ショパン」2011年2月号に僕のショパンの巻頭特集を掲載して頂いて早数年、現在amazonでは新品の取り扱いが終了している様ですが、入手できる方法を見つけました。

Fujisan.co.jpというサイトから購入する事が出来ます。
http://www.fujisan.co.jp/product/1251/b/498376/

私は最近このサイトから注文したのですが、6年以上も前の雑誌を新品で入手できるなんて感動です。
こちらの号にはショパンとリストの日常を描いた描き下ろしのフルカラー漫画と、私と安達さんの対談インタビュー等が掲載されています。
当時見逃された方はぜひチェックしてみて下さい!

ちなみに2010年11月号にも「ショパンをめぐる男たち」のイラストを描かせて頂いているのでぜひご覧下さいませ。
http://www.fujisan.co.jp/product/1251/b/436203/
[2017/07/01 00:00] | 既刊紹介・掲載告知 | page top
センター試験参考書「生物基礎」「物理基礎」
センター試験参考書「生物基礎の点数が面白いほどとれる本」「物理基礎の点数が面白いほどとれる本」の表紙イラストを描かせて頂きました。



このシリーズはセンター試験対策本支持率売上No.1になったそうで、私もとても嬉しいです。
受験勉強に最適の教材ですのでぜひご活用下さい!
[2017/06/18 00:00] | 既刊紹介・掲載告知 | page top
男性的?女性的?同時代人によるショパン像の違い
ショパン本人が優美すぎるせいで生前はショパンの曲の優美な部分しか理解されなかった、とリストが著書で書き残していますが、この言葉がショパンの人物像を読み解くキーワードだと思うんですよね。

リストやレンツの著作では何度も女性に例えられ、彼女(サンド)が出来た時はリストやキュスティーヌ等の友人達から総受け妄想をされ、コンサートを開くと音楽評論家から「優しい薔薇色の愛くるしい顔」とピアノだけでなく本人の可愛らしさを絶賛されたショパン。
これらは全てショパン本人が美しすぎて起こった事ですが、周りの動揺に対し、ショパン本人は自分がよく女性の様だと言われる事は認識していて納得もしていたけれど、自分の可愛さや美しさには全くの無自覚無関心でノーリアクションなので、ショパンがそれについてどう思っていたかよく分かりません。
でもショパンと交流した同時代人の証言を見ると、どうやらショパンはしばらく一緒にいると、相手を女性といる気分にさせてしまうという特殊能力の持ち主だと言えると思います。

ショパンがどんな人物だったのかまずは外見のデータをまとめてみます。
ショパンの印象について一番語られるのは「繊細」という言葉です。
ショパンは兵士になれないほど繊細な痩せ型で170cm43〜45kg(当時の平均身長が165cm)。
手は女性の様に小さかったそうです。
指だけでなく体全体が柔らかく、普通の人が出来ないポーズを軽々と披露していました。
サンドによると「女性達はショパンの四肢に惹き付けられた」そうなので、骨格レベルで一般人とは違う手足のすらっとしたスタイルだったのでしょう。
現代で言うと、平均男性よりやや背の高い女性ファッションモデルやバレリーナの様な感じかもしれません。
人を魅了するスタイルでしたがショパン本人は逞しいマッチョに憧れていたので、外見のコンプレックスは「ふくらはぎの膨らみが無い事」でした。
そして最新のアイテムをセンスよく身に付けるファッションリーダーで、動きが静かで上品で全身が洗練されている紳士でした。
声はリストによると、ややこもった含み声だそうです。
顔の印象は、暗めの金髪・ブルーグレーの大きな瞳・細くて高い鷲鼻・小さい口・細い顎・白い肌に薔薇色の頬です。
特に薔薇色の頬は何人もの同時代人が魅了されています。
リストがショパンを瑠璃色の昼顔に例えたのは瞳の色からの連想でしょう。
そして大人になってもずっと天使・妖精とよく言われていました。

普通のイケメンなら探せばいますが、天使で妖精な可愛い30代紳士、というと芸能人レベルでも中々いません。
これがショパンの人物像を想像する難しさにもなっていると思います。

パリではよく女性に例えられたショパンですが、全ての知り合いがショパンを女性的だと思っていたわけではありません。
同時代人でショパンを最も男性的だと見なしていたのは、なんとシューマンです。

シューマンと言えば、現実の音楽家(ショパン・クララ・メンデルスゾーン等)と自分の脳内キャラを一緒くたにして架空の脳内同盟「ダヴィッド同盟」を結成し、同盟員のテーマ曲を作曲して自費出版した、まさに現代の同人活動の様な事をしていた元祖オタクと言えるドイツの音楽家です。
そんなオタクなシューマンが意外にもショパンの事を一番男性的に書き残しているのです。
ショパン本人と沢山交流したレンツやリストの書くショパン像は女性的で驚きに満ちていますが、ショパンの楽譜からイメージされたシューマンによるショパン像は現代人が読んでもあまり違和感がありません。

シューマンはショパンの事を自身の評論で、孤高に戦う騎士の様に描写しています。
ショパンはティトゥスと「銃のかわりに音楽で戦う」と誓った通り、繊細な外見とは対照的に戦うために音楽活動していました。
シューマンはそのエピソードを知らない筈ですが、ショパンの曲からそれを感じ取っていたのです。

その時ショパンは戦う気満々で祖国を飛び出したわけではなく、音楽家として活躍したいのに一人で外国に行くのが怖くて、祖国の音大を首席で卒業したにもかかわらず何か月も地元にとどまり、親友ティトゥスにウイーンまで連れ出してもらっています。
音楽活動開始時の「銃のかわりに音楽で戦う」という勇ましい一面と「一人で外国に行けない」という寂しがり屋さんの一面。
あらゆる面で常にギャップを兼ね備えているのもショパンの魅力です。
シューマンはどちらのエピソードも知らなかったと思いますが、この時まだショパンに会った事の無いシューマンはショパンの楽譜から戦うショパンを感じ取った様です。
ちなみにリストはショパン本人を女性に例える事は多くても、曲からショパンの真意を読み取る事に関してはシューマンと同じく鋭いのが著書から読み取れます。

そこでシューマンとほかの同時代人の違いは何なのか考えると、1つはショパン本人と少ししか会っていない事です。
ショパンとシューマンの関係は、シューマンはショパンの大ファンでしたが、ショパンはシューマンの評論に感謝しながらも脳内同盟には軽く引いているという感じです。
でもシューマンはショパン大好きにもかかわらずドイツに引き蘢っていたので、2人の交流はショパンがドイツのシューマンに会いに行って発生しているのです。

もしシューマンがショパンと頻繁に交流していたら…シューマンに変化が起こっていたかどうかが気になります。
ショパンには、しばらく一緒にいると相手を女性といる気分にさせてしまう特殊能力があります(本人無自覚)。
シューマンもショパンの可愛さに魅了されてだんだん女性に思えてきたりしたのだろうか!?
もしそうなっていたらシューマンの音楽評論は随分違うものになっていたかもしれません。


amazonでシューマン著「音楽と音楽家」を見る
楽天でシューマン著「音楽と音楽家」を見る
同時代人によるショパン像の描写の違いについて、レンツの「パリのヴィルトゥオーゾたち」と読み比べると興味深いです。

ちなみにシューマンの脳内同盟について、それぞれの反応はというと、
ショパン…あれは音楽ではない
メンデルスゾーン…特に触れない
リスト…いい曲だから自分のコンサートで弾いてあげるよ
クララ…ダヴィッド同盟って素敵!
[2017/06/11 00:00] | 音楽家語り | page top
<<前のページ | ホーム | 次のページ>>